ハウス食品 こくまろバターチキンカレー
実際に購入した価格 192円(税込み)
通販の価格 248円(税込み)
内容量 148g

栄養成分表示
ルウ1皿分(製品18.5g)
エネルギー 101kcal
たんぱく質 1.2g
脂質 7.0g
炭水化物 8.2g
食塩相当量 1.5g

表示の分量で作った場合(1皿分)※ごはんは含まない
エネルギー 267kcal
食塩相当量 1.7g

賞味期限 約1年6ヶ月

おはようございます。nyainと申します。このブログは食品の新商品の食レポを中心に、食べ物の情報発信をしているブログです。この記事ではハウス食品 こくまろバターチキンカレーについての情報やレビューを書いています。
※写真をクリックすると拡大できます

スポンサーリンク

・ハウス食品 「こくまろバターチキンカレー」の商品概要[1]
コクがありクリーミーな、家族みんなが食べられるバターチキンカレーです。
あめ色玉ねぎのコク、生クリームのまろやかさに加えて、バターのまろやかさ、トマトの旨み・酸味が味わえます。

バターチキンカレーは外食レストランを中心にスナック菓子や学校給食にも登場しており、日本で普及してきているカレーだそうですが、平均10点の食材が必要となり手軽には作れないそうです。
このカレールウは、そんなバターチキンカレーが鶏もも肉と玉ねぎ、牛乳を使用して手軽にフライパンで作ることができるルウだそうです。

・実食と感想(あくまで個人の感想です)
材料と分量、作り方はパッケージに書いてある通りで作っています。


肉は鶏もも肉を使用しています。
その場合、1皿の値段は約96円と算出しました。

できました。茶色というよりオレンジという感じの色のソースです。
人参と青のりで飾りつけしています。
いただきます…

塩味が前面に出ていますが、甘さや酸味とのバランスも悪くなくいです。
また、スパイシーですがバターや生クリームのコクやミルク感、まろやかさも大きく感じられる味わいです。
若干チーズの味があり、こってり感が強めで、あまりさっぱりした味わいではないです。
しかし、酸味やスパイシー感も感じられるので食欲が湧いてくる感じがあります。
とろみが強くて若干しつこさがありますが、満足感があります。

5段階評価

まとめ
塩味の中に甘さや酸味、スパイスの若干の苦味があり、さらにバターや生クリームのまろやかさもあって個人的には食べやすい味でした。

スポンサーリンク

さらに、スパイシー感と牛や豚由来の油脂の香りや鶏肉の香りがとても合っていて好印象です。
スパイシー感や酸味が感じられるので、こってり感はガツンとパンチがある感じではないのですが、こってり感が強めなところも個人的には満足感が感じられて良かったです。

また、思ったより香りやスパイシー感が強めで、自分好みでした。
ご飯との相性も抜群です。

用意する材料も少なく、手軽にバターチキンカレーが作れます。
汁物はコンソメスープが合いそうです。
おいしかったです。

出典
[1] https://housefoods.jp/products/special/kokumaro/butterchicken.html
2020/12/27閲覧

スポンサーリンク

次の投稿

スマイルライフ 味わい深いコクのカレー 甘口

月 12月 28 , 2020
スマイルライフ 味わい深いコクのカレー 甘口 価格 […]