小岩井 Theカフェオレ

発売日 2021/6/15
価格 139円(税込150.12円)
内容量 500ml

栄養成分表示 (100mlあたり)
エネルギー 39kcal
たんぱく質 0.8g
脂質0.7g
炭水化物 7.3g
食塩相当量 0.12g
リン 19mg
カリウム 66mg
カフェイン41mg

おはようございます。nyainと申します。このブログは食品の新商品の食レポを中心に、食べ物の情報発信をしているブログです。この記事では小岩井 Theカフェオレについての情報やレビューを書いています。
※写真をクリックすると拡大できます。

スポンサーリンク

・「小岩井 Theカフェオレ」の商品概要[1]
生乳そのままの風味が感じられる小岩井生クリーム使用。
ミルクのまろやかなコクがしっかり感じられながらも、スッキリとした甘さで飲みやすい味わい。

スポンサーリンク

商品名についてですが、この「小岩井 Theカフェオレ」の前身となる「小岩井 ミルクとコーヒー」は1999年の発売から今年で22周年を迎えるロングセラー商品です。
ミルクのおいしさにこだわった「小岩井の自信作」であることがお客様に伝わるように、「小岩井 ミルクとコーヒー」から「小岩井 Theカフェオレ」に変更したのだそうです。

パッケージは、シンプルで高級感を感じるデザインに刷新し、白地と堂々と配置した「小岩井」のブランド名で、ミルクの上質なおいしさを表現したそうです。

近年のコーヒー市場は、小型ペットボトルコーヒーの需要が拡大しており、その中でもカフェオレは購入者数が最も多いカテゴリーとなっているそうで、その中でもミルク感を期待して商品を選ぶ方が多く、そのニーズは非常に高くなっているそうです。
「小岩井 Theカフェオレ」はこのような消費者の期待に応えるべく、開発された商品なのだそうです。

ちなみに、名称欄には「コーヒー入り清涼飲料」と書かれています。

・実食と感想(あくまで個人の感想です)
よく振ってからコップに開けてみます。


色は一般的なコーヒー色ですね。
いただきます…


ミルクのまろやかな風味が強く出ていて、かつ甘さが控えめでスッキリしている味わいのカフェオレです。

口当たり
ミルクのとろみが感じられる口当たりです。

香り
コーヒーの香ばしい香りに、ミルクのまろやかで安心感のある香りがあります。
ミルクの風味が強めで、飲み始めからすでに強めなミルク風味がやってきます。


控えめな甘さとミルクや生クリームのコクやこってり感、弱めですがコーヒーの苦味がほどよくブレンドされた味わいです。
甘さ控えめでスッキリした味わいと、コーヒーの爽やかな苦味が余韻として残り、夏に飲みやすい味わいです。

まとめ
小岩井生クリームのミルクの風味やコクがしっかり味わえる感じになっているところが好印象です。

個人的には前の「ミルクとコーヒー」よりもこちらの「Theカフェオレ」の方が、ミルク感が強く感じられ、好みな味わいです。
まろやかなカフェオレが好きな方にオススメです。
おいしかったです。

出典
[1] https://www.kirin.co.jp/company/news/2021/0513_01.html
2021/6/17閲覧

次の投稿

明星 麺神カップ 極旨塩豚骨

土 6月 19 , 2021
明星 麺神カップ 極旨塩豚骨 発売日 2021/6 […]