コカ・コーラ コスタ カフェラテ
発売日 4月26日(月)
希望小売価格 167円(税込180円)
内容量 270ml

栄養成分表示(1本100ml当たり)
エネルギー 39kcal
たんぱく質 0.9g
脂質 0.9g
炭水化物 6.7g
食塩相当量 0.2g

賞味期限 約7か月

おはようございます。nyainと申します。このブログは食品の新商品の食レポを中心に、食べ物の情報発信をしているブログです。この記事ではコカ・コーラ コスタ カフェラテについての情報やレビューを書いています。
※写真をクリックすると拡大できます。

スポンサーリンク

・コカ・コーラ コスタ カフェラテの商品概要[1]
コカ・コーラシステムから、「コスタ カフェラテ」と「コスタ ブラック」が2021年4月12日に先行発売されました。
これら「コカ・コーラ コスタ」の商品は、コーヒーの本場・ヨーロッパで50年愛され続けるカフェブランド「コスタコーヒー」が長年こだわってきた高品質な手淹れコーヒーの味わいをPETボトルで楽しめる、これまでになかった新しいプレミアムコーヒーです。
※本記事で食レポするのは「カフェラテ」のみになります。

スポンサーリンク

「コカ・コーラ コスタ」ブランドでは、コーヒー豆1.3倍(公正競争規約コーヒー規格下限基準値5g/100g比)の厳選された高級豆ブレンドを使い、コカ・コーラ社独自の技術として、アロマ密封焙煎や挽きたてアロマ製法、それに高圧抽出を活用し、100%国産牛乳とともに、まるで「コスタコーヒー」のカフェにいる熟練したバリスタの技術を凝縮させたような味わいを、PETボトルコーヒーとして実現したそうです。

ちなみに上記の「公正競争規約コーヒー規格下限基準値」についてですが、「コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約及び施行規則」という規則があり、その規約で『「コーヒー」とは、内容量100グラム中にコーヒー生豆換算で5グラム以上のコーヒー豆から抽出又は溶出したコーヒー分を含むものをいう。』というものがあるそうです。
その1.3倍の量の高級豆を使っているということだと思うので、100gにつき約6.5gのコーヒー豆を使っていることになるのかなと思います。

・実食と感想(あくまで個人の感想です)
開封して、コーヒーカップに注いでみます。


高級感のある華やかな香りが広がります。
コーヒータイムにいただきます…


コーヒーの大人な香りがふわぁっと香り、苦味や渋味の少ないすっきりした味で、甘さのちょうどいいカフェラテです。

食感
サラサラとしたとろみの少ない口当たりです。

香り
飲もうとした時に、コーヒーの花のような華やかな香りがふわぁっと来て、飲み始めると焙煎した香ばしい香りが追って出て来ます。
ミルクの風味も少し感じられます。


苦味や渋味、雑味などコーヒーのクセという感じの味が弱く、甘さは控えめな印象です。
こってり感やまろやかさは少なく感じます。
コーヒーのコクは適度にあると思います。

まとめ
華やかで深みのある香りが広がり、苦味や渋味は弱いのに薄い感じがしなくて、さらに甘さがちょうどいいところが好印象です。

さらに、今セブンイレブンで買うと「コスタ カフェラテ」か「コスタ ブラック」、どちらか1本と交換できる無料引換券が付いてくるので買いだと思います。(引換機関2021年4/20~5/3)

コーヒータイムにぴったりです。
おいしかったです。

出典
[1] https://www.cocacola.co.jp/press-center/news-20210405-12
2021/4/13閲覧

 

次の投稿

明星 麺とスープだけ 黄金鶏油中華そば

日 4月 18 , 2021
明星 麺とスープだけ 黄金鶏油中華そば 発売日 2 […]