BOUL’MICH パンプキンムース

BOUL’MICH パンプキンムース
今年初のハロウィンスイーツです…!

おはようございます。nyainと申します。このブログは季節商品情報を中心に、食べ物の情報発信をしているブログです。この記事ではBOUL’MICH パンプキンムースについての情報、雑学やレビューを書いています。

スポンサーリンク

・ハロウィンとは[1][2]
知っている方も多いと思いますが毎年10月31日に行われる、アメリカの民間行事。かぼちゃの中身をくりぬいてジャック・オー・ランタンというものを作って飾ったり、子供達が魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりという内容の行事だそうです(^^)家庭ではかぼちゃの菓子を作ったり、子供たちがもらったお菓子を用いてハロウィン・パーティーを開いたりするそうです。確かにハロウィンスイーツってかぼちゃが使われている印象がありますね。かぼちゃが嫌いな子供はどうするのでしょうか…市販のお菓子パーティーならかぼちゃが嫌いでも大丈夫そうですね!
ハロウィンはもともとは秋の収穫を祝い悪霊を追い出すという宗教的な意味合いの祭りであったそうですが、現在は宗教的な意味合いはほとんどなくなっているそうです。また、勘違いしている人もいるかもしれませんがキリスト教の祭りではないそうです。
ハロウィンの象徴であるジャック・オー・ランタンの語意は「ランタン持ちの男」で、「お化けカボチャ」や「かぼちゃ提灯」ともいえるものだそうです。オレンジ色のカボチャをくりぬき、目や鼻や口をナイフで切ってつけ、内側に火のついたろうそくを立てて作るそうです。ジャック・オー・ランタンは善霊を引き寄せ悪霊を遠ざけるといわれており、使い方は家の戸口に置いたり室内に飾ったりします。
ハロウィンの起源は古代ケルト人という人たちの風習から始まるそうです。ケルト人の一年の終わりは12/31ではなく10/31だそうです。その日には死者の魂が家族を訪ねて来る、また同時に有害な精霊や魔女が発生するということが彼らに伝わっておりました。そこでケルト人らはその有害な精霊らから身を守るため仮面を被ったり魔除けの焚き火をしたりしていたそうです。その風習が現在のハロウィンの起源になっているそうです。ちなみにお菓子をあげないと本当にいたずらされるのかというと、大半はがっかりして帰っていくだけでいたずらはしないそうです…私はアメリカの行事に実際参加したことはないのですがそれはあまりにもかわいそうですよね…

・今日のパンプキンムースを作っているお店、BOUL’MICHについて[3]
ブールミッシュという名は創業者の吉田菊次郎という方がフランス・パリで修業していた時に近くにあったソルボンヌ大学にある「ブールバール・ボンサンミッシェル」を縮めて作ったそうです。BOUL’MICHは1973年に渋谷の公園通りで創業し、長く愛されている本格的なフランス菓子店であり、人々の健康と食生活の喜びを目指すという基本的な姿勢はもちろん、フランス菓子を基調とした新しい洋菓子文化を創作するという姿勢を強調しているお店だそうです。パイオニア精神を大切にしているそうです。代表的なお菓子は焼き菓子の「トリュフケーキ」だそうで、2000、2003、そして2006から2018年まで12年連続モンドセレクション最高金賞を受賞しており品質や安全、おいしさを世界が認めています。その他生菓子の「シブースト」など人気商品を取りそろえ今は全国各地に店舗があるそうです。ちなみに創業者の吉田菊次郎さんは第一回菓子世界大会銅賞をはじめ、様々な国際賞を受賞されている実力者だそうです。様々な成果を出されている店主のお店のパンプキンムースですから期待が膨らみます…(o´∀`o)

・実食と感想※あくまで個人の感想です
冷倉庫で冷やしておいたパンプキンムース。箱を開けるとケーキの甘い匂いがします…上に乗っているかぼちゃのダイスみたいなのが気になります!どんな味がするのでしょう?これはこのサイトではかぼちゃダイスと呼ばせてください…。では食べます。


濃厚生クリームとかぼちゃソースそして独特の風味のナッツにそして甘いかぼちゃダイスのトッピングの下にかぼちゃムース更に下にスポンジケーキ。それらが口の中で一つになって…おいしいです(o^^o)
口の中がコクと甘みのかぼちゃミルクの味でいっぱいになります。生クリーム、ナッツやペースト、チョコ…いろんなトッピングが使われていて、パンプキンムースという名前のお菓子から単調なイメージを連想するのですがとても複雑なおいしさを感じます。かぼちゃの風味が秋を思わせます。蜘蛛の巣型のチョコはカカオが濃厚で甘さ控えめで少し苦く、甘いプリンやスポンジケーキと合います。かぼちゃダイスとナッツの粒々とスポンジケーキが歯応えのアクセントになりふわふわ生クリームと滑らかかぼちゃムースを引き立てます。
かぼちゃダイスはスイーツトッピング用に甘く加工されてありますがかぼちゃ特有の味やそれらしさを残してあります。優しい甘みや素材感がまたいいですね…
オレンジ色の実はシャクシャクしていて緑色の皮はパリパリしていて…食感も楽しいです。
スポンジケーキは口の中でムースや生クリームと混ざり合い、パサパサせずまろやかになって食べやすいです。
このパンプキンムースが入ってる小さめマグカップは洗って繰り返し使えます(^^)可愛いハロウィンイラストが書いてあり100mlくらい入ります。スイーツのお供のエスプレッソを入れる時に使えそうですね。
今年初のハロウィンスイーツ美味しかった…

出展
[1]https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ハロウィン 018/10/17閲覧
[2]https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ジャック・オー・ランタン 018/10/17閲覧
[3]http://www.boulmich.co.jp/index.php 2018/10/17閲覧