[2020年]カレールウ食べ比べ 甘口編

おはようございます。nyainと申します。このブログは食品の新商品の食レポを中心に、食べ物の情報発信をしているブログです。この記事では筆者が様々なカレールウ(甘口)を食べ比べて、食レポや個人的なおいしさランキング、リピ買いしたいランキングを載せています。
※写真をクリックすると拡大できます。

スポンサーリンク

春夏秋冬いつでも食卓に登場するカレーライス。
日本ではカレーライスはカレールウを使って作るのが一般的です。
今回は甘口のカレールウを使って、材料や作り方は箱に書いてある通りでカレーライスを作り、5段階評価を交えて食レポしていきたいと思います。
また、今回食べ比べたカレールウの中で個人的なおいしさランキングTOP5リピ買いしたいランキングTOP5を食レポの後に発表しています。

スポンサーリンク

5段階評価について
5段階評価の項目は「辛みスパイシー感香りコクや深みとろみ」の5項目で書いています。

辛み
単純な辛みの強さです。

スパイシー感
スパイスによるエスニックな感じをスパイシー感と呼んでいます。
数値は単純なスパイシー感の強さになり、5はエスニック感が強すぎて若干クセを感じる値になります。

香り
単純な香りの強さです。5は若干クセを感じるくらいの強い香りを示す値です。

コクや深み
コクや深みの強さです。

とろみ
単純なとろみの強さです。

・実食と感想(あくまで個人の感想です)
ではさっそく食レポに参ります。※表示価格は税抜きです。

ハウス食品 バーモントカレー 甘口
1皿の値段 約77.9円

甘さ、塩味のバランスがよく、肉とチーズなど乳製品の香りやコクが強めに出ていて、りんごのフルーティーな香り、そしてはちみつと野菜の甘みがいい感じに混ざっているソースです。
りんごとはちみつの香りと甘さが特徴で、クセがなく、後引く味わいになっています。
おかわりが進みます。

エスビー食品 ディナーカレー 甘口
1皿の値段 約136.6円

ディナーカレーは箱に書いてある究極のレシピ通りに作りました。牛肉を使っています。
シナモンやナツメグのスパイシー感と牛やバターのこってり感や香りが、いいバランスで両方感じられます。
フルーティーな感じもあってコクもあってスペシャルな感じです。
コクや香りもが強くて、とろみも強く、しつこい感じがありますが、1皿で満足できそうな食べ応えのある味わいです。

エスビー食品 とけ込むカレー 甘口
1皿の値段 約69.5円

謎の少し青臭い感じの香りがします。野菜の香りのようです。
フルーティーさはあまりなくて、甘味や酸味が少なく塩味が比較的強めの食感です。
野菜スープのように、野菜のだしが溶けこんでいる気がします。
しつこくなく、さっぱりめな味わいです。

エスビー食品 とろけるカレー 甘口
1皿の値段 約70.95円

安納芋やかぼちゃ、スイートコーンの香りと甘みが特徴です。
野菜の青臭い香りも若干します。
甘さと塩味と酸味、苦味のバランスがいいと思います。
「とけ込むカレー」より甘めです。

エスビー食品 ゴールデンカレー 甘口
1皿の値段 約71.125円

スパイスをとにかく効かせたカレーという感じで、甘味や酸味より塩味が強めに感じます。
香りも強めです。
肉の香りやフルーティーな香りはあまり感じません。
スパイスがきいているカレーが食べたいときにいい感じです。

ハウス食品 こくまろカレー 甘口
1皿の値段 約77.5円

スパイスや野菜などのコクと、生クリーム由来のミルキーなまろやかさ、どっちも感じられる万人受けしそうな味です。
スパイシー感の中のミルキーな味わいが特徴的だと思います。
甘味、酸味、塩味、苦味のバランスがいい味に見えます。

セブンプレミアム まろやかマイルドカレー 甘口
1皿の値段 約74.2円

甘さや酸味より塩味が強めの味ですが、コクやフルーティーな香り、ミルキーなまろやかさも感じられる味わいで、ハウス食品の「こくまろカレー 甘口」に近めな味です。
こくまろより辛みや深みが少ない気がします。
万人受けしそうな味わいととろみ具合で、いくらでも食べられそうです。

eatime 果物とハチミツでまろやかに仕上げた直火焙煎カレールウ 甘口
1皿の値段 約85.19円

とにかく牛肉や牛脂の香りが強いです!牛由来の甘味やコクも感じられます。
全体的には牛肉を多く使ったデミグラスハンバーグのような味で、甘味と酸味が前面に出ている気がします。
フルーティーな香りもあります。
スパイシー感はあふれる牛の香りやフルーティーな香りなどにより、打ち消されている気がします。

江崎グリコ プレミアム熟カレー 甘口
1皿の値段 約76円

フルーティーな酸味と甘味が前面に出ていて、ハヤシライスソースを少し辛くした感じの味です。
フルーツや玉ねぎ、牛の素材やスパイス、カカオマスのコクや香りも中々強く感じられ、さらにとろみが強くて濃厚感を感じます。
しつこさは若干感じられますが、そこまで強くないです。

 

次ページの[2020年]カレールウ食べ比べ 甘口編 part2に続きます。

次の投稿

[2020年]カレールウ食べ比べ 甘口編 part2

土 1月 9 , 2021
[2020年]カレールウ食べ比べ 甘口編 part […]