山崎製パン ふっくらバーガー きのこ入りデミグラスソース

山崎製パン ふっくらバーガー きのこ入りデミグラスソース
発売日 2020/9/1
価格 スーパーで88円(税抜き)
内容量 1個

栄養成分表示(1包装当たり)
熱量 302kcal
たんぱく質 13.1g
脂質 12.3g
炭水化物 34.6g
食塩相当量 2.0g

消費期限 購入後、2日まで
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて保存してください。

おはようございます。nyainと申します。このブログは新商品情報を中心に、食べ物の情報発信をしているブログです。この記事では山崎製パン ふっくらバーガー きのこ入りデミグラスソースについての情報やレビューを書いています。
※写真をクリックすると拡大できます。

スポンサーリンク

・山崎製パン ふっくらバーガー きのこ入りデミグラスソースの商品概要[1]
この商品は、山崎製パンの人気商品「ふっくらバーガー」シリーズの2020年秋発売の商品です。
販売期間は2020/9/1~2020/10/31になるそうです。
ふっくらやわらかいバンズに、ボリュームのあるハンバーグ、きのこ入りデミグラスソースをサンドした、ハンバーガー商品です。

・山崎製パン ふっくらバーガーについて[1][2]
「ふっくらバーガー」は、その名前の通り「ふっくらとした食感」が特徴の惣菜パンです。
2018年1月に関西エリアで販売がスタートし、同年8月には全国展開も果たしました。
レギュラー商品は「完熟トマト風味ソース&マヨネーズ」「テリヤキソース&キャベツマヨネーズ風味」の2種になります。

パティもバンズもふっくら
「ふっくらバーガー」シリーズはバンズだけでなく、パティもふっくらしているそうです。
配合の工夫により、ふっくらに仕上がっているバンズは、全国11の工場で焼き上げられているそうです。
さらに、パティはふっくらジューシーに仕上げるために、成型方法と焼成方法に工夫をこらしているそうです。
ちなみに、パティは「ふっくらバーガー」が誕生した関西の泉佐野事業所で製造し、全国へと出荷されているそうです。

おうちで簡単 おいしさマシマシレシピ
山崎製パン公式サイトにのっている「ふっくらバーガー」シリーズの商品を使ったレシピがあります。
…というのも、ただ好みの野菜を切って、温めたふっくらバーガーに挟むだけのレシピなんです…。
公式サイトのレシピでの写真にはトマトレタスが写っていますが、キャベツの千切りピクルス、そして野菜ではないですがチーズ目玉焼きを挟んでもいいのではないかと思います。

・実食と感想(あくまで個人の感想です)
今回はレタスを挟んで、マヨネーズトマトケチャップをちょい足ししてみたいと思います。
ふっくらバーガーはレンジで600wで約30秒加熱します。


開けた直後はこんな感じです。ここにちょい足ししていきます。


ちょい足ししてみました。スープは冷製コーンポタージュです。
いただきます…


ふっくらもちもちなバンズに、肉感が感じられるパティと大人な風味のきのこ入りデミグラスソース、さらに足したレタスのシャキシャキ食感とトマトケチャップの甘さと酸味、マヨネーズのまろやかさが合っています。

バンズは温めただけですが、ふっくらもちもちな食感で、おいしいです。

パティ思った以上に肉感があって食べ応えがあります。きのこの食感は少し感じられますが、そこまではっきりしていないと思います。

ケチャマヨは、レタスがあるのでしょっぱすぎることはなく、水分で食べやすくなり、おいしくなりました。
きのこ入りデミグラスソースともばっちり合っています。
ほんの少しだけ足すだけで味のバランスがよくなります。足してよかったと思います。

今回はデフォルトではなくアレンジしたものの食レポをのせてみました。
山崎製パン公式サイトにものっているように、ふっくらバーガーシリーズはそのままでもおいしいですが、レタスやトマトなどの野菜を挟んで食べるとさらにおいしかったりします。
個人的にはケチャマヨなどの調味料もアリです。
おいしかったです。

出典
[1] https://www.yamazakipan.co.jp/feature/fukkura_burger/index.html
[2] https://www.yamazakipan.co.jp/entertainment/pankiji/report/index46.html
2020/9/4閲覧