セブンイレブン スパイシーペパロニスティック

セブンイレブン スパイシーペパロニスティック
発売日 2020/7/14
価格 158円
内容量 1個
栄養成分表示(1包装当り)
熱量 220kcal
蛋白質 7.2g
脂質 6.9g
炭水化物 33.1g(糖質31.2g 食物繊維1.9g)
食塩相当量 1.7g
消費期限 購入後、約1日まで

おはようございます。nyainと申します。このブログは新商品情報を中心に、食べ物の情報発信をしているブログです。この記事ではセブンイレブン スパイシーペパロニスティックについての情報、雑学やレビューを書いています。
※写真をクリックすると拡大できます。

スポンサーリンク

・セブンイレブン スパイシーペパロニスティックの商品概要[1]
ピリ辛のソフトサラミソーセージ「ペパロニ」を使用した惣菜パンです。
ピリ辛のトマトソースと「食べるスパイス」を使用しているそうです。

・ペパロニについて[2]
ペパロニ (Pepperoni) とは、イタリア系アメリカ人が作り始めた、アメリカ風のサラミの一種だそうです。
豚肉と牛肉を混ぜ、パプリカやその他のチリペッパーで味付けし、乾燥熟成して作るのだそうです。

ペパロニの特徴
ペパロニの外見は柔らかく、ややくすんで、赤みがかっています。
そして味は日本の一般的なサラミよりスパイシーで少し辛味を感じる味わいになっているようです。
ちなみに、ペパロニにはピザのオーブンの熱で端がめくれ上がる癖があるそうです。

ペパロニの消費
アメリカでは一年に約2億5170万ポンドのペパロニが消費されているそうです。
薄くスライスしたペパロニは、アメリカのピザ屋さんで売られるピザのトッピングの定番であるそうです。

また、ペパロニはアメリカ東部にあるウェストバージニア州とその周辺で人気のご当地軽食である「ペパロニロール」の具としても使われているそうです。
ペパロニロールはペパロニを巻き込んだロールパンのような食べ物のようです。
カナダの東部にあるノバスコシア州では、ペパロニ単体の揚げ物をハニーマスタードの漬け汁で食べるそうです。
これはパブでよく見られるメニューであるそうです。

・チョリソーとペパロニの違い[2][3]
チョリソーはスペイン・イベリア半島発祥の豚肉の腸詰のソーセージです。
チョリソーというと辛いソーセージというイメージがありますが、現在日本で入手できるチョリソーの多くは強い辛みを持つメキシコ風のものが多く、スペイン産のチョリソーは唐辛子が入っておらず辛みが少ないのだそうです。
チョリソーには唐辛子が入っておらず辛みが少ないものがあるのに対し、ペパロニはチリペッパーを使い、辛みの弱いチョリソーより辛みが強いことが大きな違いであるようです。

・実食と感想(あくまで個人の感想です)
袋を破って15秒レンジで加熱します。


冷めないうちにいただきます…


ふわふわなパン生地とジューシーなサラミ、さらにシャキっとした玉ねぎの食感がよく合っている、甘酸っぱさにピリっとした辛みがきいた味のパンです。
少しタバスコをかけたピザパンのような味に思います。

ペパロニはしょっぱさはあまり感じず、こってり感や肉の香り、やわらかくてジューシーな食感を強調している感じがします。
辛さは一般的なカレーの中辛くらいの辛さかなと思います。
トマトソースは甘さが強い感じです。
おいしかったです。

出展
[1] https://www.sej.co.jp/products/a/item/300296/ 2020/7/16閲覧
[2] https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%91%E3%83%AD%E3%83%8B 2020/7/16閲覧
[3] https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%AA%E3%82%BD 2020/7/16閲覧