ジョージア ジャパン クラフトマン ダークモカ

ジョージア ジャパン クラフトマン ダークモカ
発売日 2020/6/29
内容量 440ml
栄養成分表示(100mlあたり)
エネルギー 33kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0.6g
炭水化物 6.4g
食塩相当量 0.1g

おはようございます。nyainと申します。このブログは新商品情報を中心に、食べ物の情報発信をしているブログです。この記事では「ジョージア ジャパン クラフトマン ダークモカ」についての情報、雑学やレビューを書いています。
※写真をクリックすると拡大できます。

スポンサーリンク

・「ジョージア ジャパン クラフトマン ダークモカ」の商品概要[1]
カフェで提供されるフレーバーコーヒーの中で人気の高いモカを、気軽にペットボトルで楽しめるコーヒー飲料です。

フレーバーには、世界のカカオ豆の4 大産地の一つであるガーナ産カカオのエキスを使用し、酸味と苦み、渋みのバランスのよいガーナ産カカオが醸し出す豊かな香りを、コーヒーの爽やかなビター感とともに楽しめる飲料に仕立てたそうです。
甘さは控えめで、すっきりとした後味が感じられるそうです。

パッケージのデザインは、深みのあるグリーンとブラウンの組み合わせで、味覚の特徴であるすっきりとしたビター感を表現しているそうです。

・モカとは[2][3]
モカ」とはイエメン共和国の都市の名前です。
モカはイエメン共和国で国内随一として栄えていた国で、海に面しており、港がありました。
15世紀、モカではコーヒー豆の積出が始まり、エチオピア産のコーヒーノキをアラビア半島の商人達が世界に広めていったそうです。
このような背景から、モカは「コーヒー発祥の地」ともいわれています。

この他、「モカコーヒー」のことを「モカ」と呼ぶことがあります。
モカコーヒーは、イエメン共和国の首都モカから、かつてコーヒー豆が多く積み出されたことに由来する、コーヒー豆の収穫産地を指すブランドだそうです。
イエメン産とエチオピア産のコーヒーはよく「モカ」と呼ばれるそうです。

・モカコーヒーの特徴[2][3]
モカコーヒーはフルーティーな香りと強い酸味が特長だそうです。
また、カカオに似た風味があります。

イエメン産モカ
イエメン産のコーヒー豆は「モカ・マタリ」と呼ばれ「コーヒーの女王」といわれています。
イエメン北西部の高地が産地であるそうです。
さわやかな香りと強い酸味のある味わいが特徴で、日本では「コーヒールンバ」という歌に出てきたそうです。
とても人気が高い品種なのだそうです。

エチオピア産モカ
エチオピア産のコーヒー豆はシダモ (Sidamo)、ハラー (Harrah)、ディマ、レケンプティなど、収穫地名をつけて販売されることが多いそうです。
焙煎・抽出後のコーヒーは苦みが少ない代わりに酸味が非常に強く、フルーティーな香りがあるそうです。

モカコーヒーは個性的な香りと印象的な酸味から、ブレンドコーヒーの配合にも多く使用されているそうです。

・エチオピア産コーヒーの進化[2]
モカコーヒーでは、「高価なイエメン産、廉価であるエチオピア産」と長らく位置付けてきたそうです。

2000年代に入り、スペシャルティコーヒー(高品質コーヒー)の需要が高まるにつれて、コーヒーチェリーをそのまま天日で乾かすナチュラル製法が生産の中心だったエチオピアコーヒー生産の現場に、中南米で広く行われている水洗処理式(果皮を剥いたのちに、発酵槽で豆の周りの粘液質を除去する製法)を取り入れる生産者があらわれるようになったそうです。
これにより、花の香水のような印象的な香りと、オレンジのような明快な風味と酸をもった高品質エチオピアコーヒーが生産されるようになり、それらは高値で扱われるようになり、エチオピアのコーヒーブランドを大きく高めたそうです。

・カフェモカとは[4]
多くのカフェチェーンなどで提供されている「カフェモカ」という飲料があります。
カフェモカは、エスプレッソコーヒー、チョコレートシロップ、スキムミルクを混ぜた飲料のことだそうです。
ホイップクリームなどをトッピングすることが多いです。
ホットでもアイスでも提供される。甘くマイルドな飲み口の飲料です。

・実食と感想(あくまで個人の感想です)
コップに注いでみます。


濃い目の茶色です。いただきます…


市販のコーヒー牛乳のような飲料(ご褒美カフェオレ、マックスコーポレーションなど)より甘くなくて、苦味が強く、チョコのような香りがあり、さらにすっきりしていておいしいです。
個人的にちょうどいい甘さのように感じられます。
チョコレートが好きだからか、カカオの香りがあるだけで格段においしい気がします。
こってりしておらず後味がすっきりで、個人的におすすめな夏に飲みやすいコーヒー飲料だと思います。

出典
[1]https://www.cocacola.co.jp/press-center/news-20200624-11 2020/6/29閲覧
[2]https://ja.m.wikipedia.org/wiki/モカ 2020/6/29閲覧
[3]https://macaro-ni.jp/56652 2020/6/29閲覧
[4]https://ja.m.wikipedia.org/wiki/カフェモカ 2020/6/29閲覧