セブンイレブン もちもちリング(塩キャラメル)

セブンイレブン もちもちリング(塩キャラメル)
発売日 2020/6/23
価格 98円(税抜き)
内容量 1個
栄養成分表示
熱量 303kcal
蛋白質 1.6g
脂質 22.8g
炭水化物 23.0g(糖質22.7g 食物繊維0.3g)
食塩相当量 0.57g

おはようございます。nyainと申します。このブログは新商品情報を中心に、食べ物の情報発信をしているブログです。この記事ではセブンイレブン もちもちリング(塩キャラメル)についての情報、雑学やレビューを書いています。
※写真をクリックすると拡大できます。

スポンサーリンク

・セブンイレブン もちもちリング(塩キャラメル)の商品概要[1]
もちもちした食感のドーナツを、塩キャラメルでコーティングした商品です。
ドイツ製の岩塩を使い、ほんのり塩気のある味わいになっているそうです。

・ドイツの岩塩「アルペンザルツ」とは[2]
ドイツ産岩塩を使った、有名な塩の商品に「アルペンザルツ」というものがあります。

アルペンザルツには、ドイツアルプスの麓のベルヒテスガーデン地方にある「バート・ライヒェンハル」という地で採掘された岩塩を使っているそうです。

バート・ライヒェンハルの、「ハル」は古代ケルト語で「塩」を意味し、「ライヒェン」はドイツ語で「豊か」を意味します。

バート・ライヒェンハルの岩塩
アルプス山脈は、約2億5000万年前の地球の地殻変動により形成されました。
そして海底の隆起と沈下により、海水が陸地に閉じ込められ、塩水湖ができました。

塩水湖は数百万年もの長い時を経て、水分が蒸発し濃縮されていきました。
溶解度の違いにより、まず石灰質のような溶けにくい炭酸化合物、次いで硫酸化合物、最後にカリウムという順に沈殿し、堆積されていきました。

さらに長い時をかけた堆積により、太古の自然な栄養分がそのまま詰まった「岩塩層」となっていきました。
バート・ライヒェンハルの岩塩にはこの岩塩層が使われているそうです。

この岩塩層からドイツアルプスの天然水によって溶かし出した塩水を麓まで送り、山に囲まれた近代的な工場で煮沸して不純物を丁寧に取り除いたうえで、さらに岩塩を再結晶化して製品化しているそうです。

アルペンザルツの特徴
1.マイルドでコクのある味わい
アルペンザルツのマイルドでコクのある味わいは素材の味を生かしたシンプルなお料理に合うそうです。
例えば、「おにぎり」「モッツァレラチーズとトマトのサラダ」「てんぷらの付け塩に」「グリルしたお野菜やお肉」などに合うそうです。

2.カルシウムが豊富
アルペンザルツにはカルシウムが豊富に含まれているので、「パスタを茹でる時に入れる塩」にも適しているそうです。
パスタを茹でるときにアルペンザルツを入れると、アルペンザルツ中のカルシウムがパスタのデンプン質と結合してコシの強さをだし、アルデンテに茹で上がるのだそうです。

・実食と感想(あくまで個人の感想です)
開けてみます。


いい感じのキャラメル色です。
いただきます…


やわらかくもちもちな生地と少しミルク感のある塩キャラメル味が合っています。
塩キャラメルコーティングは口どけなめらかでミルク感や塩気が感じられます。
さらに香ばしさがあります。


あまり甘さが強くなくて、しつこくない味です。
一口ずつちぎって食べられるので食べやすいです。
おいしかったです。

出典
[1]https://www.sej.co.jp/i/item/08301095.html?category=104&page=1 2020/6/25閲覧
[2]https://www.alpensalz.co.jp/history/ 2020/6/25閲覧