セブンイレブン 宇治抹茶もこ

セブンイレブン 宇治抹茶もこ
発売日 2020/6/16
価格 138円
内容量 1個
栄養成分表示 1包装当り
熱量 194kcal
蛋白質 2.6g
脂質 12.2g
炭水化物 18.8g(糖質18.2g 食物繊維0.6g)
食塩相当量 0.26g

おはようございます。nyainと申します。このブログは季節商品情報を中心に、食べ物の情報発信をしているブログです。この記事ではセブンイレブン 宇治抹茶もこについての情報、雑学やレビューを書いています。
※写真をクリックすると拡大できます。

スポンサーリンク

・セブンイレブン 宇治抹茶もこの商品概要[1]
セブンイレブンのスイーツの人気シリーズ「もこ」の新作です。
香り高い宇治抹茶を使ったクリームを、もちっとしたシュー皮に詰めたシュークリームです。

最近、宇治抹茶を使ったスイーツが多い気がします。

・テアニンについて[2]
テアニンは抹茶のうま味成分の1つといわれているアミノ酸の一種です。
1950年に京都府立農業試験場茶業研究所(現在の京都府農林水産技術センター・農林センター茶業研究所(宇治茶部))により玉露から発見されたそうです。

テアニンの所在
テアニンは植物の中でもチャノキ(茶樹)とそのごく近縁種、そしてキノコ(菌類)の1種であるニセイロガワリ(Boletus badius)にしか見つかっていないアミノ酸なのだそうです。

テアニンは乾燥茶葉中に1%から2%程度含まれ、特に上級な緑茶に多く含まれています。
また、テアニンは茶の等級に関わらず、茶に含まれる全遊離アミノ酸(タンパク質を構成しないアミノ酸)の約半量を占めているそうです。
茶では、テアニンは根で生成され、幹を経由して葉に蓄えられます。

テアニンはチャノキが吸収したアンモニア態窒素を、植物体にとって安全な形態にして、蓄積するために合成している物質と考えられているそうです。

・テアニンの効果・効能[2][3]
1.気持ちが穏やかになり、リラックスできる
ヒト・動物の脳から生じる電気活動を、頭皮上、蝶形骨底、鼓膜、脳表、脳深部などに置いた電極で記録したものを「脳波」というそうです。
簡単にいうと「脳波」は脳が発する電気信号といわれています。
脳波のうち8~13Hz成分のことを「アルファ波」というそうです。

安静(リラックス)・閉眼時の脳波においては、他の周波数成分に比べてアルファ波の占める割合が高いことから、アルファ波は「リラックスの指標」とされているようです。

テアニンを摂取することによるアルファ波の発生が、摂取から30〜40分後に確認されています。
それにより、テアニンにはリラックス効果があるとされています。
リラックス効果に伴い、抗ストレス作用や血圧降下作用もみられるそうです。

2.睡眠の質の改善
200mgのテアニンまたはプラセボを就寝前に摂取する試験を行ったところ、テアニンを摂取した場合は寝つきや中途覚醒の改善、よく寝た感覚など、睡眠の質が向上している傾向が多くみられたそうです。

3.集中力を高める
男性18名に視覚試験として画面に特定の数字が表示されたら正しくボタンを押す試験、聴覚試験として特定の音が聞こえたらすばやくボタンを押す試験をそれぞれ行い、テアニンを摂取した場合とプラセボを摂取した場合の正誤率、反応時間を調べたそうです。
その結果、正誤率、反応時間の視点ではテアニンを摂取した場合の方が好成績が出たそうです。

※プラセボ
有効な成分が入っていない(この場合、テアニンが入っていない)見た目が同等な錠剤や食品など。

・テアニンの利用[2]
テアニンは日本で1964年7月に食品添加物として指定されたそうです。
ガムやキャンディーなどの菓子類、ゼリー、アイスクリーム、ヨーグルトなどの冷菓、清涼飲料水やニアウォーターなどの飲料、およびサプリメントや美容食品などに応用されています。
また、テアニンは緑茶の呈味改善剤として使用されていますが、緑茶以外の様々な食品の苦味やえぐ味も抑えるので、風味の改善に用いられているそうです。

・実食と感想(あくまで個人の感想です)
開けてみます。


緑のもこです。
いただきます…


全体的に抹茶の香りが強いです。
もちもちな生地にやわらかいとろとろ抹茶クリームが合います。
生地とクリーム共に抹茶フレーバーで、抹茶の香りと渋みが感じられ、リアルなお茶の味がします。
ミルク感と甘さは抹茶を邪魔せずに引き立てています。
抹茶の香り、ミルク感とこってり感、甘さのバランスがいい味になっています。
夏に食べやすい爽やかなもこです。
おいしかったです。

出典
[1]https://www.sej.co.jp/i/item/06112942.html?category=103&page=1 2020/6/19閲覧
[2]https://ja.m.wikipedia.org/wiki/テアニン 2020/6/19閲覧
[3]https://www.taiyokagaku.com/lab/theanine_story/ 2020/6/19閲覧