セブンイレブン バブカ!!(チョコレート)

セブンイレブン バブカ!!(チョコレート)
発売日 2020/6/16
価格 138円(税抜き)
内容量 1個
栄養成分表示
熱量 399kcal
蛋白質 5.2g
脂質 25.2g
炭水化物 38.8g(糖質36.8g 食物繊維2.0g)
食塩相当量 0.74g

おはようございます。nyainと申します。このブログは季節商品情報を中心に、食べ物の情報発信をしているブログです。この記事ではセブンイレブン バブカ!!(チョコレート)についての情報、雑学やレビューを書いています。
※写真をクリックすると拡大できます。

スポンサーリンク

・セブンイレブン バブカ!!(チョコレート)の商品概要[1]
バターを入れたデニッシュ生地に、シナモン入りの風味豊かなチョコフィリングとチョコチップを加えて焼き上げた菓子パンです。

・バブカとは[2][3]
バブカ「Babka」はもともとは中東発祥(ユダヤ系発祥)のパンであるといわれています。

ニューヨークでは卵黄や砂糖とバターを練り込んだリッチな生地に、シナモンを加えたチョコレートがたっぷりと入った「チョコレートバブカ」が人気になり、日本でもパン屋さんで売られていることがあるそうです。
チョコレートバブカは「どこをかじってもチョコレートが口に入ってくる」といわれるほどチョコレートがたっぷり入っているパンなのだそうです。

バブカはケーキ型に作ることもあり、クリスマスには赤や緑のドライフルーツでバブカを作って、お祝いするということもあるようです。

バブカ「Babka」の意味
バブカはポーランド語で「おばあさん」を意味するそうです。

・バブカの名店「ブレッズベーカリー」[2][3]
ニューヨークにあるバブカの名店「ブレッズベーカリー」について調べました。

『ブレッズベーカリー』は2013年、ニューヨークのユニオンスクエア(ニューヨーク市マンハッタン区にある公園)のそばにオープンした、伝統的な手法でつくるハンドメイドのパン屋さんだそうです。
可能な限りで自然な材料やオーガニックの食材を使う」ということをウリにしているそうです。
鮮度を維持するために、1日分の商品を少量ずつつくることがブレッズベーカリーのモットーなのだそうです。

ブレッズベーカリーのバブカは「BREADS BABKA(ブレッズ・バブカ)」という商品名で販売されていて、この名称で商標登録がなされているそうです。

「ブレッズ・バブカ」は「チョコレートバブカ」と「シナモンバブカ」があり、どちらかというと、「チョコレートバブカ」の方が人気が高いそうです。
ブレッズ・バブカの「チョコレートバブカ」は、ニューヨークの情報誌『ニューヨークマガジン』で「ベスト・オブ・ニューヨーク・チョコレート・バブカ」に選ばれたこともあるそうです。
さらに、この「チョコレートバブカ」は、ニューヨークの「2015年度チョコレートバブカナンバーワンを決めるコンテスト」で、見事優勝を勝ち取ったのだそうです。

「ブレッズ・バブカ」の「チョコレートバブカ」はバターをはさみながら何重にも重ねたドゥ(生地)に、「Nutella(ヌテラ)」とチョコレートチップを散らし、それをこんがりと焼いているそうです。

Nutella(ヌテラ)
イタリアの『フェレロ』社が販売している、ヘーゼルナッツとココアなどを混ぜたチョコレートクリームです。
大衆に非常によく知られた商品で、スーパーマーケットで売られている他、レストランのデザートでも使われていることがあるそうです。

・実食と感想(あくまで個人の感想です)
開けてみます。


側面からチョコクリームが見えます。


いただきます…


こってり感のあるデニッシュ生地にポリポリ食感のチョコチップとチョコクリームの甘さと苦味、さらにシナモンの華やかな香りが合っています。
デニッシュ生地はパサパサしておらず、適度な強さの食感で好印象です。
チョコレートクリームとチョコチップは苦味と香りが強めに出ています。


シナモンとチョコの組み合わせが個人的に新鮮で、しかもとても合っていて食べやすかったです。
風味が豊かで、全体的な甘味がちょうどよく、おいしかったです。

出典
[1]https://www.sej.co.jp/i/item/180100300684.html?category=330&page=1 2020/6/16閲覧
[2]https://macaro-ni.jp/31113#image274444 2020/6/16閲覧
[3]https://www.gnavi.co.jp/dressing/article/21601/ 2020/6/16閲覧