ロッテ くちどけにこだわったチョコパイアイス

ロッテ くちどけにこだわったチョコパイアイス
発売日 2020/4/7
内容量 60ml
栄養成分表示(一個当り)
エネルギー 257kcal
たんぱく質 3.5g
脂質 16.0g
炭水化物 24.8g
食塩相当量 0.11g

おはようございます。nyainと申します。このブログは季節商品情報を中心に、食べ物の情報発信をしているブログです。この記事ではロッテ くちどけにこだわったチョコパイアイスについての情報、雑学やレビューを書いています。
※写真をクリックすると拡大できます。

スポンサーリンク

・ロッテ くちどけにこだわったチョコパイアイスの商品概要[1]
まるでケーキのような味わいの、くちどけにこだわったチョコパイアイスだそうです。
中心にとろける生チョコを入れたアイスを生地でサンドし、チョコでコーティングしているそうです。
高級感のあるパッケージです。

チョコパイのアイスのような商品は、過去にも何度か販売されているそうです。

チョコパイは個人的に好きな食べ物です。
チョコパイを冷蔵庫で冷やして食べることはありますが、アイスではどんな感じなのでしょうか…。

・ソルビトールとは[2][3][4]
本商品の原材料を見てみると、「ソルビトール」の文字があります。

ソルビトールは、世界で最も使用されている糖アルコールであるといわれています。
ソルビットまたはグルシトールとも呼ばれます。
海藻類や果実類(梨、リンゴ、プルーンなど)に比較的多量に含まれている天然の糖アルコールです。

バラ科ナナカマド属 (Sorbus、ソルブス属) の植物から発見された糖アルコールのため、「ソルビトール」と命名されたそうです。

糖アルコール
アルドースやケトースのカルボニル基が還元されて生成する糖の一種、という風に定義されている物質です。
甘味があるものが多く、小腸から体内への吸収が悪く、カロリーになりにくい低カロリー甘味料として用いられています。
また口内細菌による酸への代謝がされにくいため、虫歯になりにくい甘味料という効能がうたわれているものもあります。
ソルビトールも一般に「虫歯(う蝕)の原因にならない」「酸を生成しない」という宣伝がなされていたりしますが、実際には砂糖(スクロース)より速度的に遅くはありますが酸を生成し、その酸が虫歯の原因になる可能性があるといわれています。

・ソルビトールの特長[4]
・高保湿性
砂糖や水飴より多くの水分を維持できます。

・高浸透性
ソルビトールは分子が小さく、物質に浸透しやすいので、煮物や漬物などに使いやすいです。

・水分活性低下
微生物の繁殖を抑えることができます。

・ソルビトールの甘味とエネルギー[4]
砂糖の甘味度を100とすると、ソルビトールの甘味度は60です。
また、エネルギーは砂糖の約半分になります。
ソルビトールの甘味には独特の後味があるそうです。

・ソルビトールの用途[4]
ソルビトールには主に液状と粉状の商品があり、食品用や医薬品・化粧品用、工業用に使われています。

・実食と感想(あくまで個人の感想です)
開けてみます。


いつものチョコパイ一個より厚いです。
いただきます…

パリパリのチョココーティングと、しっとりしたスポンジ生地の中には、マイルドな優しい味のミルクアイスと、とろーりな生チョコが入っています。
ミルクアイスすっきりした味わいです。
生チョコとろーり伸びる感じで、洋酒の香りがおしゃれに香ります。


甘さとミルク感に、チョコの濃厚な香りや苦味のバランスがいい感じです。
いつものチョコパイ一個より分厚く、食べ応えがあります。
おいしかったです。

出典
[1]https://www.family.co.jp/goods/ice/3462843.html 2020/6/14閲覧
[2]https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ソルビトール 2020/6/14閲覧
[3]https://ja.m.wikipedia.org/wiki/糖アルコール 2020/6/14閲覧
[4]http://www.bfsci.co.jp/products/01_01/ 2020/6/14閲覧