[2020年6月]スシロー おすすめランキングTOP10

[2020年6月]スシロー おすすめランキングTOP10

おはようございます。nyainと申します。この記事では筆者が個人的におすすめするスシローのメニューをランキング(10位まで)にしてみました。
※写真をクリックすると拡大できます。

スポンサーリンク

それでは10位から順に書いていきます。
※期間限定商品も含まれます。
※表示価格は税抜きです。

10位 えびアボカド 100円
蒸しえびにアボカドと山盛りの玉ねぎとマヨネーズがのっているメニューです。


玉ねぎが多すぎる場合は、少し取って他のお寿司の上にのせて食べるのもいいと思います。(注:マナー違反になるかもしれません)
少しの醤油と多めのわさびを付けて食べるのが好きです。

9位 生たこ 100円
ニュルニュル感とコリコリ感が絶妙なバランスで、醤油とわさびにとても合います。

淡白でクセがなく、食べ始めのチョイスに適任です。

8位 えんがわ 100円
魚の風味と脂っぽさに醤油とわさびがとても合います。


しゃりとバランスのいいこってりさになっています。

7位 かつお 100円
かつお特有の香りがありながら、臭みやえぐみ、苦味が少なく、しょうがの辛味と香りが加わり、食べやすいです。


また、かつおにしては脂肪分も感じられ、おいしかったです。

6位 創業祭 第二弾 三貫盛り祭 (いか3貫盛り(いか・たれ漬け真いか・炙りむらさきいか) 100円
3貫で100円の、お得感のあるメニューです。
全体的に臭みやえぐみが少なく、コリコリしていて食べやすいです。


たれ漬け真いかは醤油を付ける場合は少なめにした方がしょっぱ過ぎないと思います。
炙りむらさきいかはニュルニュル感が少なく、スッキリしていて食べやすいです。

5位 創業祭 第二弾 三貫盛り祭 天然魚3貫盛り(ひらめ・塩〆いわし・かますの炙り) 150円
それぞれ違う種類の天然魚が味わえます。


ひらめは風味があり、さっぱりしています。
塩〆いわしは骨が気にならず、やわらかとろとろで、こってりしています。いわしの香りが強いです。
かますはやわらかくて香りがあり、さっぱりしています。
3貫の風味の違いが楽しめます。

4位 まぐろ・漬けまぐろ 各100円
まぐろは脂肪分が少なくとろとろで、特有の香りが感じられ、おいしいです。


漬けまぐろはこのように白い線が入っている部位が使われていることが多く、筆者はこの部位はコクや脂肪分が感じられて好きです。


漬けまぐろには醤油はつけなくてもおいしいですが、付けるなら少量にした方がいいと思います。

3位 炙りサーモンバジルチーズ 100円
サーモンとチーズの香りやこってり感に、バジルの爽やかさが加わり、全体的にとても合っています。


炙りサーモンの半生感も素敵で、食べやすい味です。
醤油はつけず、わさびを付けて食べるのが好きです。

2位 はまち・漬けはまち 各100円
やわらかいはまちの特有の香りと脂肪分がとんでもなく好きです。


たまにザリザリした食感のはまちにも遭遇しますが、こちらも好きです。
脂肪分と香りが醤油と酢飯に合います。
「漬けはまち」というメニューがある店舗もあります。

1位 創業祭 第二弾 三貫盛り祭 サーモン3貫盛り(ジャンボとろサーモン・焼とろサーモン・サーモン) 150円
定価で食べるより50円安くなるメニューです。
焼きとろサーモンは焼いた香ばしさがあり、鮮やかな色のサーモンは特有の濃厚な香りが楽しめます。
ジャンボとろサーモンはネタが大きく、食べ応えがあります。
それぞれちゃんと脂肪分が感じられ、満足感があります。

※「創業祭 第二弾 三貫盛り祭」と記載されているメニューは2020年6月14日までになります。

まとめ
今回は筆者が個人的におすすめするスシローのメニューをランキングでした。
こんな感じで自分の中でランキングを作ってみるのも面白いかもしれません。