セブンイレブン バナナスティックケーキ

セブンイレブン バナナスティックケーキ
発売日 2020/6/2
価格 130円(税抜き)
内容量 1個
栄養成分表示
熱量 440kcal
蛋白質 5.4g
脂質 26.4g
炭水化物 45.8g(糖質44.7g 食物繊維1.1g)
食塩相当量 0.48g
消費期限 買った日から約2日後まで

おはようございます。nyainと申します。このブログは季節商品情報を中心に、食べ物の情報発信をしているブログです。この記事ではセブンイレブン バナナスティックケーキについての情報、雑学やレビューを書いています。
※写真をクリックすると拡大できます。

スポンサーリンク

・セブンイレブン バナナスティックケーキの商品概要[1]
この商品はバナナと豆乳を加えた、スティック状の焼き菓子だそうです。
バナナピューレを入れたしっとり口どけのよい生地に、香ばしいロースト刻みアーモンドをのせて焼き上げています。

・トリプトファンとは[2][3]
バナナにはトリプトファンという物質が含まれているそうです。
トリプトファンは牛乳から発見された、必須アミノ酸の一つだそうです。

トリプトファンの働き
食物から摂取されたトリプトファンは、肝臓や腎臓で分解され、エネルギー源として利用されます。
また、トリプトファンは脳に運ばれると、ビタミンB6やナイアシン、マグネシウムとともにセロトニンを生成します。

トリプトファンの効果
・不眠を解消する効果
トリプトファンはセロトニンをつくる原料となります。
セロトニンには寝つきを良くする睡眠効果や、興奮や不快感を鎮めて精神を安定させる効果があるそうです。
さらにセロトニンは、脳でメラトニンに変換されます。
メラトニンは体内時計の調整を行う働きがあり、睡眠サイクルを正常にする働きがあるそうです。

・アンチエイジング効果
老いたラットにメラトニンを経口摂取させたとき、老いたラットの肝細胞の酸化ストレスが大幅に減り、また、肝臓のアポトーシスも減ることが示された、という研究結果が出ているそうです。
※体内に活性酸素が増えると、肝臓では細胞のアポトーシス(細胞の自殺)が増えるとされています。

そういった研究結果もあり、メラトニンは「若返りの薬」ともいわれています。
脳内のトリプトファン濃度が高まればセロトニンが増えてメラトニンとなり、そのような仕組みでトリプトファンは老化防止に効果があると期待されています。

・鎮痛効果
アメリカのテンプル大学健康科学センターで、トリプトファンが鎮痛剤としての働きを持つことを証明する実験が行われました。
あごに慢性的な痛みをもつ患者のグループにトリプトファンを投与してセロトニンの濃度を高めたところ、痛みの軽減に加え、歯に痛みが加えられたときの耐性も強くなったとの報告があります。

・集中力、記憶力を高める効果
トリプトファンは、ドーパミンやノルアドレナリンといった神経伝達物質をつくるために、非必須アミノ酸の一種であるチロシンと一緒になって働きます。

ドーパミン…交感神経節後線維や副腎髄質に含まれるホルモンの一種です。運動機能やホルモン調節機能の他、快感、多幸感などに影響を与えます。

ノルアドレナリン…神経を興奮させる神経伝達物質の一種であり、人間を含めて動物において脳内で一番多く分泌されています。ストレスを受けると放出されるため「怒りのホルモン」とも呼ばれています。

オハイオ州立大学医学部の研究によれば、子どもたちに1週間トリプトファンを与えたところ、学習能力について良い結果が得られたという報告があります。

・その他の効果
免疫系に働きかけ、コレステロール値や血圧を調整する、更年期障害の症状を緩和するなど多くの効果があるといわれています。

・実食と感想(あくまで個人の感想です)
冷蔵庫で冷やしました。上のアーモンドがおしゃれなスティックケーキです。
いただきます…


しっとりした生地にロースト刻みアーモンドの固い食感、そして優しい感じがあるバナナの風味が合っています。
生地はチョコスティックケーキよりしっとりしている気がします。
ナッツの香ばしさバナナの香りが甘さをちょうどよく仕上げてくれている気がします。


チョコスティックケーキもおいしかったですが、こちらも思ったよりおいしくて、どちらかを選ぶとしたらどちらも買ってしまいそうです…
チョコスティックケーキと同じく、こちらも冷やしてもおいしかったです。コーヒーに合います。

出典
[1] https://www.sej.co.jp/i/item/180100302299.html?category=330&page=1 2020/6/4閲覧
[2] http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/tryptophan/ 2020/6/4閲覧

[3] https://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/hotnews/archives/371661.html 2020/6/4閲覧