日清食品 日清麺職人 ふぐだし

内容量85g(めん65g)

85gあたり259kcal(めん・かやく251kcal、スープ8kcal)

食塩相当量5.7g

希望小売価格 180円(税別)

実際に買った価格 98円(税別)

含まれるアレルギー物質(27品目) 小麦、卵、乳成分、鶏肉、大豆

賞味期限 買ってから約5カ月後まで

おはようございます。nyainと申します。このブログは季節商品情報を中心に、食べ物の情報発信をしているブログです。この記事では日清食品 日清麺職人 ふぐだしについての情報、雑学やレビューを書いています。

スポンサーリンク

昨日の夜にスーパーで日清麺職人 ふぐだしを買いました。ふぐだしって書いてあったもので、なんとなく高級でおいしそうな印象を受けました…!

個人的にふぐって高級な感じがします。

蓋のパッケージにもかわいいふぐがたくさん書かれています!

麺職人の麺はノンフライで硬さや喉越しが個人的に好きなので、この商品にも信頼感があります。

期間限定のため、この機会に食べておきたいです!

原材料の欄を見ると、かやくは卵、花のようなかまぼこ(魚肉練り製品)、ねぎのみとなっています。シンプルです…。

あくまで今回の主役はオリジナルの麺とふぐだしを効かせたスープ、ということでしょうか。

・日清の麺職人というブランドについて[1][2]

日清麺職人は”まるで、生めん”のような食感のインスタント麺をお手頃価格で食べられる、2000年の発売以来、主婦層を中心に人気の商品です。

2017年にリニューアル新発売されました。

リニューアル後は麺に小麦全粒粉を練り込み、スープは香り高く麺との相性を考えたものに。そしてパッケージは華やかな”和モダン”デザインに一新したようです。

なぜ小麦全粒粉を麺に練り混んだのでしょう?

担当者と呼ばれる方によると、小麦の香りを引き立てておいしい麺にする為だそうです。配合バランスにもこだわり、香りも食感も満足していただける麺になっている、とのことです。

小麦全粒粉を使ったパンやお菓子は独特の食感や香りがあるとネットの記事で見たことがあります。今回は小麦全粒粉をパンやお菓子ではなく、麺に使っているんですね。

また、小麦全粒粉は普通の小麦粉に比べて食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富です。

パッケージで気がついたことですが、麺職人の蓋にはカロリーが目立つように表記してあります。

麺職人の麺はノンフライ麺なのでフライ麺に比べたらカロリーが低いのです。(1商品スープ込みで大体300kcal前後のカロリーです)

カップ麺といえば高カロリーであると思い込んで食べるのを懸念している方も食べられそうなカロリーだと思います。

また、ブランドサイトの、麺職人を試食した方の意見を見ると、全て女性の方が回答しています。

回答には普通のカップ麺に比べてカロリーもそんなに気にならないと発言してる方が、さらに、パッケージがおしゃれだと発言されている方もいらっしゃいました。

これらのことから2017年にリニューアル新発売した日清の麺職人は健康やカロリーを気にしがちな主婦や女性の方をターゲットにしたブランドじゃないかなと思います。(それ以外の方も食べてください)

・日清食品 麺職人 ふぐだしの商品特徴[3]

スープはあっさりしながらもふぐのコクやうまみのある上品な塩スープ。

また、ふぐのヒレを炙ったような香ばしさが香りの特徴です。

こってりはしてないですが旨みがありそうです。

・ふぐの毒性について[4][5]

麺職人 ふぐだしにはふぐエキスが使われていて、そのふぐエキスに使われているふぐは日本、韓国、中国産のものを使用しているそうです。

フグ科に分類される魚は約120種存在し、食用で有名な種としてトラフグ、マフグなどがあります。

というのも、多くのフグの体内や皮膚にはテトロドトキシンなど、人間にとっての毒があります。

フグの食用可能部位は種類や漁獲場所によって異なり、素人の調理は危険です。

また、フグの雑種を調理する場合は水産業者や漁師の経験則が通用しないことから水産大学校が注意を呼びかけています。

フグの毒化の原因は何でしょうか?

それにはフグ自身が分泌しているという説もありますが、現在有効となっているのは毒を含む餌を食べて体内に蓄積されているという説です。

また、湾を仕切ったフグには毒が検出された例があり、養殖のフグもそのやり方によっては毒があります。

無毒の餌のみを与えて、毒がないふぐを養殖している業者も存在します。

しかし、養殖用のフグにテドロドトキシンを含まない餌を与えると咬み合いなどの異常行動を起こし、テドロドトキシンを含む餌を与えると異常行動が収束することから、フグの正常な活動のために一定のテドロドトキシン必要だとする見方もあります。

テドロドトキシンは難溶ですが水に溶け、身だけでなくふぐエキスにも毒が含まれる可能性があります…。

麺職人のふぐだしは…大丈夫だと信じています。

・実食と感想(あくまで個人の感想です)

かやくの入った袋を見るとかなり素朴なラーメンという印象です。

お湯を入れて4分待ちます。

ふぐだし小袋を入れ、かき混ぜて出来上がりです!この時点でふぐだしの強い香りが伝わってきます。ザ・魚!というような魚の強い香りです。

まずは麺からいただきます…

黄色の麺には小さくて茶色いつぶつぶが見えます。これが小麦全粒粉ですね!

この細い麺にはコシがあり独特の甘みや香ばしさがあります。

スープのふぐだしの旨味、香り、上品さが麺と絡んでおいしいです。塩気もちょうどいい!

次にスープを飲んでみます。

ふぐだしの魚の主張を強く感じます。魚が嫌いな方は「うっ!」て顔をしかめてしまいそうな魚の香りの強いスープです。

外見は薄そうなスープですが、あっさりながらもだしが効いていて風味豊かなので濃厚で満足感があります。これで約259kcalしかないんですね!

カロリー制限していてラーメンを食べるのを躊躇っている方にもおすすめしたいです。

また、全体的に甘みを感じます。和風なラーメンです。

辛味を足したい時は胡椒よりも唐辛子の方がいいかもしれません。

毒はなかったです。

麺職人ふぐだし、おいしかったです!

出展

[1]https://www.nissin.com/jp/news/61922018/12/11閲覧

[2]https://store.nissin.com/jp/special/menshokunin/index.html2018/12/11閲覧

[3]https://www.nissin.com/jp/products/items/90382018/12/11閲覧

[4]https://ja.m.wikipedia.org/wiki/フグ 2018/12/11閲覧

[5]http://www.siyaku.com/uh/Shs.do?dspWkfcode=206-110712018/12/11閲覧