ブルボン アルフォートミニチョコレート バナナ

ブルボン アルフォートミニチョコレート バナナ
発売日 2020/5/19
参考価格 100円
栄養成分表示[12個(標準55g)当り]
エネルギー 297kcal
たんぱく質 2.6g
脂質 16.9g(飽和脂肪酸 9.0g)
炭水化物 33.9g(糖質33.2g 食物繊維0.7g)
食塩相当量 0.2g
賞味期限 買ってから約11か月後まで

おはようございます。nyainと申します。このブログは季節商品情報を中心に、食べ物の情報発信をしているブログです。この記事ではブルボン アルフォートミニチョコレート バナナについての情報、雑学やレビューを書いています。
※写真をクリックすると拡大できます。

スポンサーリンク

・ブルボン アルフォートミニチョコレート バナナの商品概要[1]
さっくりと焼きあげた香ばしい全粒粉入りのビスケットと、バナナのパウダーを練り込んだ甘い香りが広がるバナナ味のチョコレートを組み合わせたアルフォートミニチョコレートです。
バナナ味は爽やかで、初夏の陽気が感じられる今時期にぴったりの味だと思います。

・バナナについて[2]
バナナは私たちにとって馴染みのある身近な食べ物の一つだと思います。
今回はこのバナナについて調べました。

バナナはバショウ科バショウ属の植物のうち、果実を食用とする品種群の総称、またその果実のことであるそうです。
いくつかの原種子から育種された多年性植物で、熟すまでは毒を持つものもあるそうです。

バナナは木のように見えますが専門的な見方では「草」と呼ばれるものに近く、園芸学上では野菜に分類されているそうです。

収穫後時間が経過するにつれて皮の表面に浮かぶ黒い斑点状のものは「スウィートスポット (Sweet spot)」または「シュガースポット (Sugar spot)」と呼ばれ、簡単な熟成のバロメータとなるそうです。
また、成熟したバナナの皮にはクロロフィル(葉緑素とも呼ばれ植物の葉の緑色をした色素)の分解物が含まれ、紫外線を照射すると青色の蛍光を発するそうです。

バナナの生産、栽培
原産地は東南アジアを含むマレーシア熱帯アジアなどだといわれています。
現在ではインドや中国などのアジアやラテンアメリカの熱帯域で大規模に栽培されているほか、東アフリカや中央アフリカでは主食として小規模ながら広く栽培が行われているそうです。

生食用のバナナは、多くは大規模なプランテーションで栽培されているそうです。
ラテンアメリカ(中南米)諸国およびフィリピンにおいてはバナナが当初から輸出産業として開発されたのに対し、インドやアフリカなどではまず自給用や国内消費用に生産の主眼が置かれているそうです。
インドでは生産したバナナはほとんどインド国内で消費されているそうです。
プランテーション…熱帯、亜熱帯地域の広大な農地に大量の資本を投入し、国際的に取引価値の高い単一作物を大量に栽培する大規模農園またはその手法。

料理用のバナナはアフリカでは重要な主食とされていて、生産量はウガンダ共和国が一番多いそうです。
プランテーションで生産されることはなく、小規模自営農が自らの消費分や近隣市場への出荷分を生産するそうです。

果皮の色は品種によって異なり、一般的に知られるものは緑色から黄色ですが、桃色から紫まで多様であるそうです。

キャベンディッシュという種は世界で生産されるバナナのほぼ半数を占め、日本のスーパーマーケット等で一般に売られているデザート用バナナの品種であるそうです。
日本では主にフィリピンから輸入されているそうです。

バナナの利用
食用の果実として利用される他、花を料理に使う地域もあり、葉は皿代わりにしたり、包んで蒸すための材料にしたりするほか、屋根の材料などとしても利用されているそうです。

食用の果実は生産量の約4分の3がデザート用、約4分の1が調理用として利用されているそうです。

デザート用バナナは皮を剥いてそのまま、あるいはケーキやヨーグルトに入れるなどして生食されることが多いそうです。

料理用バナナは基本的には熟す前の物を食用としているそうです。
生のままでは皮も身も硬く、芋のように刃物で皮を剥き、煮たり蒸したりして加熱してから食べるそうです。
味や食感も芋に近く、ほとんど甘さはなく、青臭いそうです。

バナナの香り
新鮮なバナナの芳香の主要な構成要素は酢酸イソアミルであり、酢酸ブチルや酢酸イソブチルといったその他いくつかの要素も香りに寄与しているそうです。

・実食と感想(あくまで個人の感想です)
開封するとお菓子によく使われているバナナの香りがします。


いただきます…


カカオ感の少ないなめらかなバナナチョコとサクサクのビスケットがぴったり合っています!
優しさを感じるバナナの香りに適度な油分、甘さがとても合います。やみつきになりそうな味です。
カカオ感は少なめですが、ホワイトチョコを食べた時のようなチョコ感が感じられて、ホワイトチョコ好きの人は満足できると思います。
また、いつもながらアルフォートミニチョコレートは食べやすいサイズで、さらにチョコがたっぷりめでおいしいです。
コーヒーでも麦茶でも紅茶でも合いそうです。


個人的にメープル味より好きです。
おいしかったです!

出典
[1]https://www.bourbon.co.jp/alfortmini/ 20205/20閲覧
[2]https://ja.m.wikipedia.org/wiki/バナナ 20205/20閲覧