UHA味覚糖 特濃ミルク8.2 濃い抹茶(抹茶)

UHA味覚糖 特濃ミルク8.2 濃い抹茶(抹茶)
発売日 2020年3月中旬
価格 スーパーで168円
内容量 75g(個装紙込み)
栄養成分表示 1製品(72g)あたり
エネルギー 307kcal ※1粒あたり約19kcal
たんぱく質 1.6g
脂質 8.3g
炭水化物58.3g
食塩相当量 0.3g
賞味期限 買ってから約12カ月後まで
保存方法 直射日光・高温多湿を避け、保存してください。

おはようございます。nyainと申します。このブログは季節商品情報を中心に、食べ物の情報発信をしているブログです。この記事ではUHA味覚糖 特濃ミルク8.2 濃い抹茶(抹茶)についての情報、雑学やレビューを書いています。
※写真をクリックすると拡大できます。

スポンサーリンク

・UHA味覚糖 特濃ミルク8.2 濃い抹茶(抹茶)の商品概要[1][2]
苦み・香り・色のバランスの良い抹茶がミルクの美味しさを引き立てる、こだわりの味わいを楽しめる抹茶キャンディだそうです。
また、この商品には茶審査技術最高位「十段」の資格を持つ、京都の祥玉園製茶株式会社の代表取締役 小林裕氏が選定した宇治茶を使用しているそうです。

パッケージについて
パッケージ表面上部に「パッケージに紙を使用しています」と表記があります。
UHA味覚糖株式会社さんは、環境問題への取り組みとして、主力商品である「特濃ミルク8.2」「特濃ミルク8.2 塩ミルク」「特濃ミルク8.2 抹茶」の3品の外装を、プラスチックから紙を50%以上使用したパッケージに変更し、2020年3月中旬より出荷したそうです。
「特濃ミルク8.2 濃い抹茶(抹茶)」は「特濃ミルク8.2 抹茶」と入れ替わって販売された商品のようです。

UHA味覚糖株式会社さんは、今回のパッケージ変更により特濃ミルク3品で年間約14トンのプラスチック削減につながる、という計算を導き出したそうです。

また、この商品のパッケージの印刷にはバイオマスインキを使用しているそうです。さらに、インクの一部には植物由来原料を使用しているそうです。
バイオマスとは、「再生可能な、生物由来の有機性資源で化石資源を除いたもの」で、再生可能な資源として注目されているそうです。
バイオマス材料の中でも、植物由来の材料は、特にCO2排出量の削減に効果があるとされています。

・祥玉園(しょうぎょくえん)製茶株式会社とは[3]
祥玉園製茶株式会社とは、1923年に創業した、お茶の生産から販売を一貫して行っている会社だそうです。
1827年に小林治右衛門さんの代で茶園を譲り受け、その頃からお茶の栽培、製造販売を行っているそうです。
1923年に小林治一さんが「祥玉園製茶場」と命名し、この年を創業年とされたそうです。
現在は5代目で茶師十段の称号を持つ小林裕さんが経営されているそうです。

・「茶師十段」とは[3][4]
茶師十段は、1956年から年に1回開催される「全国茶審査技術競技大会」の結果をもとに授与される称号だそうです。

全国茶審査技術競技大会は、日本のお茶のプロが集まり、味・香り・外観などでお茶の品種や生産時期、生産地などを判定する「茶審査技術」の腕を競いあう大会だそうです。
この大会は茶の品質の優劣を判定する技術を高め、取引の合理化や消費の増強に生かすというねらいがあるのだそうです。

競技には全国各地の青年団と競う団体戦の部と、参加者100名以上が個々に競う個人戦の部があり、ある一定の点数を取ると、全国茶業連合青年団が認定する段位(初段〜10段)を取得することができるそうです。
茶師十段」は約60年の歴史の中で13人のみに授与された、この大会での最高段位だそうです。

・実食と感想(あくまで個人の感想です)
濃い緑色の個包装に入っています。開封してみます。


前の「特濃ミルク8.2 抹茶」に比べ、濃い緑色をしています。
いただきます…


甘さがちょうどよく、濃厚なミルク感と抹茶の苦味を感じます。
前の抹茶より苦味が強く、苦味が強いからか抹茶の香りも強い感じがします。
甘さは十分にありますが、抹茶の苦味や香りのおかげで甘ったるさが気にならなくて、個人的に抹茶ミルク飴の味として好きな味です。
前の「特濃ミルク8.2 抹茶」は抹茶の香りを楽しむ感じの抹茶キャンディでしたが、「特濃ミルク8.2 濃い抹茶(抹茶)」は香りだけでなく苦味も楽しめる抹茶キャンディになっていると思います。
抹茶ミルクキャンディの中ではかなり好感のもてる商品です!おいしかったです。

出典
[1]https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000100.000011343.html 2020/5/2閲覧
[2]https://www.uha-mikakuto.co.jp/catalog/hardcandy/ca134.html 2020/5/2閲覧
[3]http://shogyokuen.co.jp 2020/5/2閲覧
[4] http://www.kyocha.or.jp/skill/第59回%e3%80%80全国茶審査技術競技大会/ 2020/5/2閲覧
[5] http://www.tokyo-cha.or.jp/article/tea-competition-2019.html 2020/5/2閲覧