セブンイレブン 宇治抹茶香る!甘食風しっとりケーキ

セブンイレブン 宇治抹茶香る!甘食風しっとりケーキ
発売日 2020/4/28
価格 110円(税抜き)
内容量 1個
栄養成分表示 1包装当り
熱量 360kcal
蛋白質 4.8g
脂質 16.7g
炭水化物 48.4g(糖質46.6g 食物繊維1.8g)
食塩相当量 0.65g
消費期限 買ってから約2日後まで

おはようございます。nyainと申します。このブログは季節商品情報を中心に、食べ物の情報発信をしているブログです。この記事ではセブンイレブン 宇治抹茶香る!甘食風しっとりケーキについての情報、雑学やレビューを書いています。
※写真をクリックすると拡大できます。

スポンサーリンク

・「セブンイレブン 宇治抹茶香る!甘食風しっとりケーキ」の商品概要[1]
宇治抹茶を使った、甘食風のケーキだそうです。
ケーキはほんのり甘く、抹茶の渋味と香りが味わえる仕立てになっているそうです。
さらに抹茶と相性がよい「かのこ豆」をトッピングしてあるそうです。

・クチナシとは[2]
セブンイレブン 宇治抹茶香る!甘食風しっとりケーキの原材料名に「クチナシ色素」と書いてあります。
クチナシ色素とはクチナシと呼ばれる植物から得られる成分を使って作った色素のことのようです。

クチナシはアカネ科クチナシ属の常緑低木で、東アジアの中国、台湾、インドシナ半島に広く分布しているそうです。
日本では静岡県以西・四国・九州、南西諸島の森林に自生しているそうです。
園芸用として栽培されることも多い植物だそうです。
漢名(中国植物名)は「山梔(さんし)」、別名は「ガーデニア」だそうです。

樹高は2〜3メートルほどで、6〜7月に芳香のある白い花を咲かせるそうです。この白い花は徐々に黄色がかるように変化していくそうです。
10〜11月頃に赤黄色の果実をつけるそうです。

クチナシの名称の語源
クチナシという名前の語源については諸説あります。

・果実が熟しても裂開しないため、口がない実の意味から「口無し」という説。
・クチナワ=ヘビ、ナシ=果実のなる木として、ヘビくらいしか食べない果実をつける木という意味から「クチナワナシ」と呼ばれ、その後クチナシに変化したという説。

このような説があるようです。

クチナシの利用
クチナシの果実は薬用や着色料、花は食用や生け花などに利用されているそうです。

・クチナシ色素について[2][3]
クチナシの果実は古くから着色料として利用されていたそうです。
クチナシの乾燥果実の粉末は奈良時代から糸や布の染料、食物の着色料として使われていたという説があります。

そして現代でも食品の着色料や繊維の染料に使われているそうです。
クチナシを利用して主に黄色赤色青色の色素が得られ、利用されているようです。
栗きんとんやたくあん漬けは、クチナシ色素を使った代表的な料理であるようです。

クチナシから着色料を得る方法
クチナシ黄色素は、クチナシの果実を水やアルコールで抽出したり、加水分解して得られるそうです。
この黄色色素は、クロシンやクロセチンというカロチノイド系の物質を主成分としているそうです。
カロチノイド(カロテノイド)…黄、橙、赤色などを示す天然色素の一群。

クチナシ青色素クチナシ赤色素果実の抽出液に酵素を作用させて得られるそうです。
また、クチナシ果実に含まれる黄色色素のゲニピンという物質を米糠に含まれるアミノ酸と化学反応させて発酵させることによって青色の着色料を得ることもできるそうです。

・クチナシを利用した色素の表示[4]
クチナシ黄色素
クチナシ黄色素、着色料(クチナシ)、カロチノイド(カロテノイド)色素、着色料(クロシン)など

クチナシ青色素
クチナシ青色素、着色料(クチナシ)、クチナシ色素など

クチナシ赤色素
クチナシ赤色素、着色料(クチナシ)、クチナシ色素など

・実食と感想(あくまで個人の感想です)
ちょっと曇った感じのパッケージになっています。中身が鮮明には見えないです。開封してみます。


鮮やかな緑色の甘食風しっとりケーキです。かのこ豆がのっていて、見た目からも和風な感じが漂います。
麦茶と一緒に食べてみます。いただきます…


しっとりでもったり食感の生地に、芳醇な宇治抹茶の香りと、和菓子感のあるかのこ豆が組み合わせられ、和風な感じの強い味わいになっています。
宇治抹茶の香りが強く、若干の渋味を感じます。
前のデフォルトバージョンに比べて、油分や卵風味、ミルク感を感じにくいものの、しつこさや重たさは感じにくくさっぱりといただけます。
甘さもちょうどいいと思います。


牛乳やカフェオレ、抹茶ラテなどが合いそうです!
おいしかったです。

出典
[1] https://www.sej.co.jp/i/item/180100300425.html?category=330&page=1 2020/4/29閲覧
[2]https://ja.m.wikipedia.org/wiki/クチナシ 2020/4/29閲覧
[3]https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/shokuhin/shokuten/chakushokuryo.html 2020/4/29閲覧
[4]https://www.yaegaki.co.jp/bio/product/shikiso.html 2020/4/29閲覧