セブンイレブン 黒いちぎりパン

セブンイレブン 黒いちぎりパン
発売日 2020/4/14
価格 128円(税抜き)
内容量 1個
栄養成分表示 1包装当り
熱量 390kcal
蛋白質 8.0g
脂質 19.2g
炭水化物 47.5g(糖質45.2g 食物繊維2.3g)
食塩相当量 0.77g
保存方法 直射日光及び高温多湿を避けてください。
消費期限 買ってから約1日後まで

おはようございます。nyainと申します。このブログは季節商品情報を中心に、食べ物の情報発信をしているブログです。この記事ではセブンイレブン 黒いちぎりパンについての情報、雑学やレビューを書いています。

スポンサーリンク

・セブンイレブン 黒いちぎりパンの商品概要[1]
2020年4月14日に発売された、セブンイレブンさんの新商品です。
「チョコレート味のちぎりパンです。
ふんわりとしたチョコの黒いパン生地で、コクのあるチョコクリームを挟みました。」
とセブンイレブン公式サイトの商品情報ページに書いてあります。

チョコチップ入りのチョコホイップを挟んだ「黒いちぎりパン チョコホイップ」、コクのあるチョコチップクリームと、口どけのよいチョコクリームを挟んだ「黒いちぎりパン Wクリーム」など、セブンさんの「黒いちぎりパン」と商品名につくパン商品は過去に何度か発売されていたようです。
がしかし、もしかしたらシンプルに「黒いちぎりパン」という商品名のセブンさんのパンはこれが初めてかもしれません。

個人的にセブンイレブンさんの白生地の「ちぎりパン」はかなり前から販売されているロングセラー商品であるイメージですが、こちらの「黒いちぎりパン」も中のクリームを変更したりして再販されているので、人気商品であることがうかがえます。

・セブンイレブンの代表的な白生地のちぎりパンの形の変化[2][3][4]
古い情報になってしまいますが、セブンイレブンさんは2016年5月10日より菓子パン全般のリニューアルを実施し、デニッシュ・コッペパン・フランスパンの各種に適した小麦粉を用い、生地の品質を向上したそうです。
幅広い地域でレギュラー商品のように販売されている代表的な白生地の「ちぎりパン」もリニューアルの対象になり、生地の品質が向上され、それまでは入っていなかった縦の切り込み(ホットドッグみたいな感じの割れ目です)が入ったそうです。
また、それ以前に発売されていた地域限定のちぎりパンや、「黒いちぎりパン」は縦の切り込みが入り、袋の外から中のクリームが見えるようになっている商品もあったようです。

その頃の代表的な白生地の「ちぎりパン(チョコチップクリーム)」はテレビ番組で「パン職人121人がぶっちゃけ 本当に美味しいと思うコンビニパンランキング」の第4位として紹介されました。

その時のちぎりパンの工程についてもテレビで紹介されていたそうなのでここに書いてみます。
一般的なパンは約250度前後の高温で一気に焼き上げるそうですが、ちぎりパンは約160度の低温で通常の約1.5倍の時間をかけて焼き上げるそうです。そのため表面は白くてふっくらしているそうです。
続いて焼き上がったパンをちぎりやすいように切れ目を作り、こだわりのチョコレートクリームを注入します。
このようにパン生地、チョコレートクリームにこだわって作られたちぎりパンは、セブン-イレブン菓子パン部門の年間売り上げ2位に入る人気商品となっていたそうです。

また、2017年6月のマイナビニュースによると、マイナビ会員506名を対象に行われた「あなたがセブン-イレブンで一番好きなパンは何ですか?」という質問で寄せられた答えをもとに作ったランキングでは、代表的な白生地の「ちぎりパン(チョコチップクリーム)」が1位であったそうです。
「ふわふわのパンとクリームのバランスが絶妙」、「ちぎる楽しみがある」、「学生時代によく食べていて懐かしの味」といった感想が寄せられ、相当人気のあるパンだということがうかがえます。

ところが、2018年2月から再び縦の切り込みの入っていない白生地の「ちぎりパン チョコクリーム」が幅広い地域で長期間発売されていました。

その後2018年7月、2019年2月にも縦の切り込みの入っている白生地の「ちぎりパン」が発売されていますが、2020年4月14日現在でレギュラー販売されている白生地のちぎりパンは、2019年9月に発売された縦の切り込みの入っていない「ふわふわちぎりパン(チョコクリーム)」だそうです。
ちなみに今回新発売された「黒いちぎりパン」も縦の切り込みは入っておりません。それまで販売されていた「黒いちぎりパン」シリーズには縦の切り込みが入っており、袋の外から中のクリームが見えていたようです。

これに深い理由は特になさそうだと思っているのですが、セブンのちぎりパンに縦の切込みが入っていなかった当時は、ちぎりパンが赤ちゃんの腕に似ているので、実際の赤ちゃんの腕と並べて撮影するのが流行していたそうです。
また、従来の「縦の切込みが入っていない形」に懐かしさを覚える方もいらっしゃるそうです。
もしかしたら、これらのようなことが関係しているかもしれません。

そんなこんなで、2020年4月14日現在発売されているセブンの「ちぎりパン」には縦の切込みが入っていないようです。

・実食と感想(あくまで個人の感想です)
開封してみます。


長いパンです。
コーヒーと一緒にいただきます…

しっとりもちふわなチョコ風味の生地に、クリーミーなチョコクリームの甘さとこってり感がとっても合います。
チョコクリームは見た目よりクリーミーで好感が持てます。また甘さがちょうどよく、のどが渇きにくいです。
そしてセブンイレブンのパン全般に言えることですが、パン生地が開けてそのまますぐ食べてもパサついておらず、しっとりふわふわなんです。


このパンはチョコ風味なのでわかりにくいですが、さらに小麦の香りも強い感じがします。
やみつきになってしまいそうなパンです。
このパンもレギュラーの白生地のちぎりパン同様に人気商品になりそうです。


また食べたいです!

出典
[1] https://www.sej.co.jp/index.html 2020/4/14閲覧
[2] https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1605/17/news147.html 2020/4/14閲覧
[3] https://kakaku.com/tv/channel=6/programID=27619/page=456/ 2020/4/14閲覧
[4] https://news.livedoor.com/article/detail/13230574/ 2020/4/14閲覧