2020年4月 山崎製パン 薄皮ミニパン食べ比べ(チョコ編)

おはようございます。nyainと申します。このブログは季節商品情報を中心に、食べ物の情報発信をしているブログです。この記事では山崎製パン 薄皮ミニパン食べ比べ(チョコ編)をして、そのレビューを書いています。

スポンサーリンク

商品概要
・薄皮チョコパン
栄養成分表示(1個当たり)
熱量 95kcal
たんぱく質 2.2g
脂質 3.2g
炭水化物 14.3g
食塩相当量 0.1g


コクのあるチョコクリームをたっぷり包んだ、薄皮のチョコパンです。

・薄皮ほろにがチョコクリームパン
栄養成分表示(1個当たり)
熱量 105kcal
たんぱく質 2.0g
脂質 4.5g
炭水化物 14.0g
食塩相当量 0.1g


チョコクリームをチョコパン生地で包んだ、薄皮のチョコクリームパンです。

・両者の重さの違い


そこまで違いはありませんでした。
5個入りなので重さにバラツキもあると思います。

・両者の成分の違い
ほろにがチョコクリームパンの方か脂質が多く、たんぱく質や炭水化物は少ないようです。


食塩相当量はどちらも同じ感じです。

・山崎製パン 薄皮ミニパンとは[1]
薄皮ミニパンは、山崎製パンさんが販売している、小振りの菓子パン5個を1パックとした商品です。
小振りの菓子パン一個一個は、しっとりした薄いパン生地の中に餡やクリーム(フィリング)がたっぷり入っているのが特徴だと思います。

菓子パン1個のサイズが小振りで「手軽に食べきれるサイズ感」と「みんなでシェアできる個数」が特徴なのだそうです。

また、ラインアップが充実しており、
一番人気の「薄皮つぶあん」を中心にクリーム、チョコ、ピーナッツ、白あんといったレギュラー商品が発売されています。
さらに、期間限定商品も発売されています。薄皮ほろにがチョコクリームパンは期間限定商品です。
ちなみに筆者はレギュラーの中ではチョコとピーナッツが気に入っています。

・薄皮ミニパンシリーズのネーミングとこだわり[1]
薄皮ミニパンシリーズの「薄皮」は、和菓子の薄皮まんじゅうのように、生地に対して中身がいっぱい入っていることからのネーミングだそうです。

ふつうのあんぱんより食べやすいサイズで、さらに中身がずっしり入ったあんぱんを食べたい
こうした消費者の声に答える形で薄皮ミニパンシリーズが開発されたそうです。

薄皮ミニパンシリーズの中で一番人気のつぶあんは、瑞々しい小倉あんとしっとりとしたパン生地との相性がよく、発売してからずっと人気のヤマザキのベストセラーなのだそうです。

・実食と感想(あくまで個人の感想です)
食べ比べてみます。

薄皮チョコパン
ちぎってみるとこのような断面が現れます。

いただきます…


しっとりで少し弾力のあるパン生地に、ねっとりクリーミーでマイルドな味のチョコクリームが合います。
チョコのクリーム感がたっぷりでおいしいです。
チョコクリームは苦味はあまりなく、ミルク感のあるマイルドな味わいで、ちょうどいい甘さです。

薄皮ほろにがチョコクリームパン
こちらもちぎってみるとこのような断面が現れます。


いただきます…


カカオの風味と苦味をより強く感じる薄皮チョコクリームパンです。
甘さはありますが、カカオの風味や苦味の主張もあり、パッケージのイメージそのままの甘ったるさを感じにくい大人な味です。甘さ控えめな感じです。
パン生地はなんとなくチョコパンのパン生地よりふわっとしている気がします。
クリームはチョコパンと同じくねっとりクリーミーな食感でたっぷり入っています。

まとめ
見た目の違いもありますが、薄皮チョコパンはミルキーで甘さを感じられ、薄皮ほろにがチョコクリームパンはカカオの風味や苦味を感じられる点が大きな違いだと思います。
個人的にどちらもおいしくて、どちらも好きです。

出典
[1]https://www.yamazakipan.co.jp/brand/usukawa/index.html#new 2020/4/11閲覧

次の投稿

山崎製パン 薄皮黒みつゼリー&きなこクリームパン

日 4月 12 , 2020
山崎製パン 薄皮黒みつゼリー&きなこクリー […]