カンロ株式会社 三ツ星の贅沢 エスプレッソ×濃厚バニラ アフォガートキャンディ

カンロ株式会社 三ツ星の贅沢 エスプレッソ×濃厚バニラ アフォガートキャンディ
発売日 2020年3月上旬
内容量 70g(個装紙込み)
栄養成分表示 (1粒3.9g当たり)
エネルギー15.5kcal たんぱく質0.03g 脂質0.08g 炭水化物3.65g 食塩相当量0.006g

おはようございます。nyainと申します。このブログは季節商品情報を中心に、食べ物の情報発信をしているブログです。この記事ではカンロ株式会社 三ツ星の贅沢 エスプレッソ×濃厚バニラ アフォガートキャンディについての情報、雑学やレビューを書いています。

スポンサーリンク

・「三ツ星の贅沢 エスプレッソ×濃厚バニラ アフォガートキャンディ」の商品概要
この商品はカンロさんの三ツ星の贅沢シリーズの一つです。
香り高いエスプレッソ味と濃厚クリーミーなバニラ味の「甘いとほろ苦い」が溶け合う絶妙なおいしさが特徴的なキャンディだそうです。
三ツ星の贅沢シリーズは、上質なデザートの味わいを楽しめる、素材や製法にこだわった、カンロさんの大人の絶品グルメキャンディブランドだそうです。

・アフォガートとは[1]
アフォガートはバニラアイスやバニラのジェラートにエスプレッソなどをかけて食べるデザートだそうです。
日本では温かいエスプレッソをかけるのが一般的ですが、エスプレッソ以外のコーヒーや紅茶やリキュールなどをかけたりもするそうです。
言い換えれば、バニラアイスやバニラのジェラートに何の飲み物をかけてもアフォガートになるそうです。(かける飲み物は少量で濃いものが合うといわれています)
作りやすいデザートといえそうです。

アフォガートはイタリア発祥だそうです。
イタリア語で「affogato」と書き、これには「おぼれた」という意味があるそうです。
イタリアでは一般的なアフォガードは「アフォガート・アル・カフェ」と呼び、対してジェラートを使ったものは「ジェラート・コン・カフェ」と呼んで区別するそうです。

時間とともにアイスがゆっくり溶けていき、味の変化を楽しめるのが特徴のスイーツだそうです。

・アフォガードのアレンジ[1]
一般的なアフォガードのアレンジメニューを挙げていきます。

1 フレンチトーストアフォガート
フレンチトーストの上にバニラアイスをのせ、その上からエスプレッソをかけます。
さらにフルーツをトッピングしたら華やかな見た目になります。

2 ティラミスアフォガート
クリームチーズやマスカルポーネチーズなどとバニラアイスを混ぜてエスプレッソをかけ、ホイップクリームをトッピングしてココアの粉をふりかけます。

3 アフォガードパフェ
バニラアイスクリームにフルーツやチョコソース、小さなケーキ、クッキーやクラッカーなどのお菓子、コーンフレークなどパフェの具をトッピングします。
エスプレッソは別の容器に入れておき、好きなタイミングで、好きな量を入れます。

・アフォガードのエスプレッソはどのタイミングでどのくらいの量を入れるのか[2]
カフェや喫茶店でのアフォガードのエスプレッソは、最初から入った状態で提供されるものと、別容器に入れられて提供されるものがあるそうです。
個人的にはタイミングも量も個人の好みでいいとは思います。

これらを踏まえ、さらに挙げるとしたらエスプレッソの量に関することです。
別容器に入れられている場合や家でアフォガートを作る場合は、「あくまで主役はアイスクリーム」なのでエスプレッソの量は少なめにするのが無難なようです。
タイミングについては個人の好みでいいと思います。

・実食と感想(あくまで個人の感想です)
夕方のおやつに食べます。


このような個包装紙に入っています。


飴はこのような感じです。
いただきます…


一番最初にエスプレッソの強い香りとほろ苦さが感じられます。
その後に甘さが来ます。
あまりこってり感やミルク感が感じられませんが、ブラックコーヒーだけのキャンディよりはミルク感を感じられると思います。
バニラの香りは少し感じられますが、キャンディではあまりコーヒーの香りに合ってない気もします…


少しのミルク感とバニラを感じる、香り高いコーヒーキャンディという感じです。


エスプレッソの香りとほろ苦さが特徴的で、おいしい飴です。
3時のおやつにぴったりの飴だと思います。

出展
[1]https://aboutcoffee.jp/158/ 2020/3/9閲覧
[2]https://ja.m.wikipedia.org/wiki/アフォガート 2020/3/9閲覧