セブンイレブン ミルクロック

セブンイレブン ミルクロック
発売日 2020/1/28
価格 138円
内容量 1個
栄養成分表示 1包装当たり 熱量364kcal 蛋白質7.0g 脂質19.0g 炭水化物41.8g(糖質40.5g 食物繊維1.3g)食塩相当量0.74g
消費期限 買ってから約2日後まで

おはようございます。nyainと申します。このブログは季節商品情報を中心に、食べ物の情報発信をしているブログです。この記事ではセブンイレブン ミルクロックについての情報、雑学やレビューを書いています。

スポンサーリンク

・セブンイレブン ミルクロックの商品概要[1]
牛乳を使ったふんわり食感のパン生地に、粉糖をふりかけた菓子パンだそうです。
ホイップクリームとカスタードクリームがサンドされているそうです。

・食品の消費期限と賞味期限について[2]
セブンイレブン ミルクロックには消費期限が記載されていますが、賞味期限は記載されていないことに気づきました。
これをきっかけに、食品の消費期限と賞味期限について調べてみました。

食品の期限表示には、「消費期限」と「賞味期限」の2つがあります。
すべての加工食品には、製品の特性に応じて、消費期限又は賞味期限のどちらかを表示しなければならないそうです。(一部の製品を除きます)
また、期限表示は品質の劣化が早いものは「消費期限」、品質の劣化が比較的緩やかなものは「賞味期限」を、製品に記載しているそうです。
ミルクロックは消費期限しか表示されていないので、「品質の劣化が早いもの」に該当するようです。

消費期限
定められた方法で保存した場合において、腐敗、変敗、その他の品質劣化に伴い安全性を欠くおそれがないと認められる期限を示す年月日のことだそうです。
消費期限を過ぎた食品を食べると食中毒を起こすリスクが高まるそうです。

賞味期限
定められた方法で保存した場合において、期待されるすべての品質の保持が十分に可能であると認められる期限を示す年月日のことだそうです。製造日から賞味期限までの期間が3ヶ月以上のものは、年月での表示ができるそうです。
賞味期限を過ぎても必ずしもすぐに食べられなくなるわけではないので、食べられるかどうかは、消費者が個別に判断する必要があります。

・消費期限や賞味期限は誰がどうやって決めているのか[2][3][4]
消費期限や賞味期限は、原則として、輸入食品等以外の食品等は製造業者、加工業者又は販売業者が決めているそうです。また、輸入食品等は輸入業者が決めているそうです。

次にどうやって消費期限や賞味期限を決めているのかです。
消費期限や賞味期限は科学的、合理的な根拠をもって設定する必要があるそうです。
また、厚生労働省と農林水産省が「食品期限表示の設定のためのガイドライン」という通知を出し、消費期限・賞味期限の設定についてのルールを示しているそうなので、これに沿った方法で決められているのだと思われます。

消費期限や賞味期限の具体的な設定方法の例を「保存温度」に着目して書いてみます。
消費期限・賞味期限を決める際には、試作品の流通過程における保存温度が重要になるそうです。
流通時の保存温度帯は、常温(15℃~35℃)、冷蔵(10℃以下)、チルド(5℃以下)、冷凍(マイナス18℃以下)となっています。
そして、流通時の保存温度帯の上限温度(常温35℃、冷蔵10℃、冷凍マイナス18℃)で試作品を保管し、一定期間ごとの試作品の官能試験及び微生物・理化学検査などを行います。
さらに、その最大日持ち期間(食味や見た目の官能試験及び微生物・理化学検査で問題のない最大の期間)に安全係数(おおむね0.8)を掛けたものが流通させるときの消費期限・賞味期限となる、という決め方があるそうです。

先ほどの例では保存温度に着目して書いていますが、一般的に着目されている保存条件は温度だけではなくこれらの条件があるそうです。
・包装材料、包装形態
・保存環境(温度、湿度、光など)

また、品質の劣化状況の変化やおいしさの化学的・物理的変化については以下の評価項目により評価されているそうです。
評価項目
・官能評価
(外観、香り、食感、風味、味など)
・物性検査(粘度、かたさ、粒度、色、流動性など)
・理化学検査(pH、酸価、過酸化物価など)
・微生物検査(一般生菌数、真菌数、大腸菌群、無菌試験など)

特に、食中毒を予防するためには「微生物検査」が重要になり、カンピロバクター、サルモネラ属菌、腸管出血性大腸菌O157などの微生物の有無を確認することで、消費者に「安全・安心な食品」を提供できるそうです。

・消費期限や賞味期限の表示を省略してある加工食品[2][3]
先ほど、一部の製品を除いて、すべての加工食品には、製品の特性に応じて、消費期限又は賞味期限のどちらかを表示しなければならないと書きました。
ここでの「一部の製品」に当たる消費期限や賞味期限が記載されていない(表示を省略してある)加工食品について調べてみました。

一般的に、消費期限や賞味期限の表示が省略してある加工食品は、表示を省略することが認められている加工食品であるようです。
具体的にどのような加工食品が消費期限や賞味期限の表示を省略することが認められているか書いていきます。

1. でん粉
2. チューインガム
3. 冷菓
4. 砂糖
5. アイスクリーム類
6. 食塩およびうま味調味料
7. 酒類
8. 飲料水および清涼飲料水(ガラス瓶入りのもの(紙栓を付けたものを除く。)
またはポリエチレン製容器入りのものに限る。)
9. 氷
10.注文を受けたその場で製造し、もしくは加工し、一般消費者に直接販売する飲食料品(対面販売、量り売り等)
11.容器包装の表示可能面積が30cm2(平方センチメートル)以下のもの

これらのものは消費期限や賞味期限の表示を省略することが認められているそうです。

・実食と感想(あくまで個人の感想です)
開けてみます。


パン屋さんの匂いがします。いい匂いです…
さっそく食べてみます。いただきます…


ミルク感を感じるしっとりしたデニッシュ生地のような食感の生地に、甘いふわふわホイップクリームが合っています。
カスタードクリームはホイップクリームに比べて少ないですが、卵のコクが感じられて、ちゃんと存在感があります。


甘さはちょうどよく、パン生地にもクリームにもミルク風味が感じられ、ミルク感が多めの食べやすい菓子パンです。
おいしかったです!

出展
[1] https://www.sej.co.jp/i/item/06300347.html?category=103&page=1 2020/2/3閲覧
[2] https://www.ajinomoto.co.jp/products/anzen/keyword/limit.html 2020/2/3閲覧
[3]https://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/food_sanitation/expiration_date/pdf/syokuhin377.pdf 2020/2/3閲覧
[4] https://www.yobouigaku.jp/magazine/food/293/ 2020/2/3閲覧