フジパン アップルキャラメルリング

フジパン アップルキャラメルリング
発売日 2019年12月1日
価格 ディスカウントストアで98円(税抜き)
内容量 1個
栄養成分表示(製品1個あたりの標準値)エネルギー339kcal たんぱく質5.6g 脂質12.1g 炭水化物51.8g 食塩相当量0.82g
消費期限 買ってから2日後まで

おはようございます。nyainと申します。このブログは季節商品情報を中心に、食べ物の情報発信をしているブログです。この記事ではフジパン アップルキャラメルリングについての情報、雑学やレビューを書いています。

スポンサーリンク

先日、ディスカウントストアで12月新発売の菓子パンを買ってきました。
フジパンの「アップルキャラメルリング」という名前のパンです。
「キャラメル味の生地に、リンゴジャムを包んだリング状のデニッシュです。」とパッケージに書いてあります。
アップルパイ感のある菓子パンだなと思いました。

・フィリングとは[1]
原材料を見てみると、「キャラメルフィリング」の文字があります。フィリングとは何でしょうか?

ウィキペディアによると、フィリングは、製菓・製パン材料の一つで、菓子パンやサンドイッチ、ケーキなどの具材を指すそうです。
もともとフィリングは「詰め物」を意味していて、菓子パンなどでは中に詰めたものを、サンドイッチなどでは間に挟んだものを指すそうです。
これに対してトーストなどで表面に塗ったバターやマーガリン、ジャムなどは「スプレッド」と呼ぶそうです。
饅頭の「餡」など、和菓子では通常はフィリングと呼ばないそうです。

また、これをふまえると「キャラメル味の生地に、リンゴジャムを包んだリング状のデニッシュです。」とパッケージに書いてありましたが、中のフィリングにもキャラメルの要素が含まれているのかなと思いました。

・菓子パンの定義[2]
「菓子パン」は常に見聞きする言葉だと思うのですが、定義は曖昧なので調べてみました。

ウィキペディアによると、菓子パンは、表面に甘い味を付けたり甘味のある具を入れたりして、菓子としての要素を強化した種類のパンであるそうです。
また、これは日本での概念で、外国の人々からは日本の菓子パンはパンではなく、イーストを用いて膨らませたケーキの一種と考えられているものも多いそうです。
さらに、古くは古代ギリシアでも似たものが多く作られていたそうです。
甘いパンということでは、ペイストリー(穀粉、バター、ショートニング、ベーキングパウダーまたは卵等の材料を焼いて作った食べ物。より多くの脂肪分を含むそうです)や、フランスで言うヴィエノワズリー(イースト発酵させたパン生地または様々なペイストリー生地を焼いた菓子パンの総称。クロワッサンやパン・オ・ショコラ、デニッシュなどがこれにあたります)と重なりますが、これらと異なって生地に油脂分が多いとは限らず、生地自体は普通のパンと変わらない菓子パンも多いそうです。

次に食品の「名称」欄に「菓子パン」と書いてある場合についてです。
食品の「名称」欄に「菓子パン」と書いてある食品は、「パン類」の一部に該当するそうです。

パン類の定義
パン類は大きく分けると3つのタイプがあります。

1 小麦粉又はこれに穀粉類を加えたものを主原料とし、これにイーストを
加えたもの又はこれらに水、食塩、ぶどう等の果実、野菜、卵及びその加工品、砂糖類、食用油脂、乳及び乳製品等を加えたものを練り合わせ、発酵させたもの(以下「パン生地」という。)を焼いたものであって、水分が10%以上のもの

2 あん、クリーム、ジャム類、食用油脂等をパン生地で包み込み、もしくは折り込み、又はパン生地の上部に乗せたものを焼いたものであって、焼かれたパン生地の水分が10%以上のもの

3 1にあん、ケーキ類、ジャム類、チョコレート、ナッツ、砂糖類、フラワーペースト類及びマーガリン類並びに食用油脂等をクリーム状に加工したものを詰め、若しくは挾み込み、又は塗布したもの

このパン類のうち、「名称」欄に「菓子パン」と書いてある食品は、パン類の2のうち食パン以外のもの、及び3に規定するものをいうそうです。(2019年12月現在)
このような、「パン類」や「菓子パン」の定義を定めている「パン類の表示基準」は、平成12年12月19日に農林水産省により初めて制定されたようですが、最終的な改正は平成23年9月30日に消費者庁により、なされたそうです。

・実食と感想(あくまで個人の感想です)
袋の片側を開けて、約20秒間600wのレンジで加熱します。この方がパン生地がふわふわになっておいしくなるのではないかと思ったからです。
皿に出してみます。


いただきます…


少し温かくて、甘さも際立ちおいしいです。
中のりんごジャムの爽やかな風味と、少し苦いキャラメルの香ばしい風味が合っています。少し温かいふわふわなパンとの相性もいい感じです。
アップルパイ感はしますが、シナモン味はしないです。特にクセもありませんが、もしかしたら香ばしいキャラメルの香りが気になる方もいらっしゃるかもしれません。
また、充分に甘さを感じますが、甘ったるい感じはしません。
厚みは少し薄い感じがする菓子パンですが、おいしかったです(^^)

出展
[1]https://ja.m.wikipedia.org/wiki/フィリング 2019/12/4閲覧
[2]https://ja.m.wikipedia.org/wiki/菓子パン 2019/12/4閲覧
[3]https://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/quality/quality_labelling_standard/pdf/kijun_30_110930.pdf 2019/12/4閲覧