セブンイレブン セブンプレミアムゴールド 金の最中 あずき

セブンイレブン セブンプレミアムゴールド 金の最中 あずき
価格 258円(税抜き)
内容量 115ml
1個あたり エネルギー 333kcal 食塩相当量 0.2g

おはようございます。nyainと申します。このブログは季節商品情報を中心に、食べ物の情報発信をしているブログです。この記事ではセブンイレブン セブンプレミアムゴールド 金の最中 あずきについての情報、雑学やレビューを書いています。

スポンサーリンク

先日、家族がセブンイレブンで最中アイスを買ってきてくれました。「金の最中 あずき」という名前の、あずきが入った最中アイスです。最中アイスは食べるのが久しぶりな気がします。
種類別はハーゲンダッツやレディーボーデンのアイスでよく見る「アイスクリーム」です。
「種類別アイスクリーム」は含まれている乳固形分が15.0%以上で、そのうち乳脂肪分が8.0%以上のアイスをいうそうです。
ミルク感が期待できます。

・「セブンプレミアムゴールド 金の最中 あずき」の商品概要[1]

「金の最中 あずき」は、和菓子専門店のような最中、上質な甘さのあんが特徴的な最中アイスだそうです。
最中には米粉が使われており、あんには北海道産「とよみ大納言」を使っているそうです。
米粉入りの風味の良い最中皮で、濃厚なミルクアイスと上質な甘さのあんをサンドした、高級感のあるアイスです…!

・「とよみ大納言」について[2][3][4][5]

「金の最中 あずき」の最中の中に入っているあんには北海道産の「とよみ大納言」という豆が使われています。
今回はこの「とよみ大納言」についてざっくり調べました。

まず「大納言(小豆)」についてです。
大納言は小豆のなかでも大粒で、煮たときに外皮が破けにくい特徴を持つ品種群で、普通のあずき品種とは区別されているそうです。
和菓子に使われる粒あんや、甘納豆、鹿の子など、豆状の形状を保った製品にも使われることがある高級原料だそうです。

大納言の一種である「とよみ大納言」は、1992年に北海道の農業試験場で極大粒の豆と、大粒で多収かつ特定の病気に抵抗性がある豆を人工交配させた雑種後代から育成され、2001年に北海道の奨励品種に採用されたそうです。
その後農林水産省の新品種として認定され、「とよみ大納言」と命名登録されたそうです。
種皮色は淡赤色、子実の形は短円筒、特定の病気に強い極大の夏小豆型品種であるそうです。

・大納言の名前の由来[5][6][7][8][9]

大納言(小豆)の名前の由来についてですが、これにはいろいろな説があります。その中の一つを説明します。

「大納言」というのは、日本の官職の一つだそうです。大納言という官職は、日本では、律令制が始まった7世紀後期ごろから使われているようです。その後ずっと使われていたわけではないのですが、1871年7月に消滅した以降、2019年6月現在は使われていません。
官職とは、ざっくりいうと、官公庁や軍などの国家機関に勤務する人々の職です。現在の例として、公務員や国家公務員があがります。

江戸時代の大納言という官職の人は、「殿中で刀を抜いても切腹しなくて済む」ということがあったといわれています。
このことが大納言小豆の「煮ても皮が破れにくい」という特徴と照らし合わされ、小豆に「大納言」という品種名がついた、という説があります。

その他、「豆の形が大納言が被っていた帽子の形に似ていたから」や「近江の国(現在の滋賀県あたり)で上納用の小豆を『納小豆』と呼んでいたものが変化した」などという説があります。
また、江戸時代には大納言より小粒の小豆に「中納言」や「少納言」という品種名をつけていたという説もあり、これらは、現在でも長野県や福島県などの一部で栽培されているそうです…

これらをふまえると、大納言という小豆の品種名には、小豆の大きさや等級、貴族の気品を思わせる官職の名前なんかも関係して…というような考えも個人的に浮かんできます…

・実食と感想(あくまで個人の感想です)

袋から開けてみます。


薄い色の、三等分出来そうな割れ目がついている最中皮です。


綺麗に割れませんでしたが、良しとします。
いただきます…


まず、皮がパリッとしています。皮だけ食べてみると米のポン菓子のような優しい風味が感じられます。
そして、あんには小豆の風味がしっかり出ています。こしあんではなく粒あんだからか小豆の素材感のようなものも感じられます。
さらにミルクアイスには濃厚なミルクの甘みや風味もでていて小豆あんに合っています。
ミルクアイスと小豆あんの甘々コンビに見えますが、特に甘ったるい感じはしません。ミルクと最中皮がコクを出しているように思います。
和菓子屋さんの最中の皮のようなパリッとした最中皮と共に味わう、小豆あんとミルクアイスの味が格別です。
高級感のある、おいしいアイスでした(^^)

出展
[1]https://www.sej.co.jp/i/item/310600450747.html?category=352&page=1 2019/6/30閲覧
[2]https://ci.nii.ac.jp/naid/40005779285 2019/6/30閲覧
[3]https://www.weblio.jp/content/とよみ大納言 2019/6/30閲覧
[4]http://mamehei.com/?mode=cate&cbid=782800&csid=5 2019/6/30閲覧
[5]https://www.mame.or.jp/syurui/feature/syurui_02.html 2019/6/30閲覧
[6]https://ja.m.wikipedia.org/wiki/大納言 2019/6/30閲覧
[7]https://ja.m.wikipedia.org/wiki/官吏 2019/6/30閲覧
[8]https://www.weblio.jp/wkpja/content/律令制_日本の律令制 2019/6/30閲覧
[9]https://www.google.co.jp/amp/s/news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/15204264/ 2019/6/30閲覧