アントステラ ステラおばさんのクッキー ピーチティー

アントステラ ステラおばさんのクッキー ピーチティー
賞味期限 買った日から6日後まで

おはようございます。nyainと申します。このブログは季節商品情報を中心に、食べ物の情報発信をしているブログです。この記事ではアントステラ ステラおばさんのクッキー ピーチティーについての情報、雑学やレビューを書いています。

スポンサーリンク

毎月5日と9日には、ステラおばさんのクッキーで「お客様感謝デー」として何かしらイベントが行われています。
今月9日に家族がステラおばさんのクッキーを買ってきてくれたのですが、その時お店ではクッキーが10枚540円で買えるイベントが行われていました。
こうして買ったクッキーの中で、香りの強いクッキーは1枚ずつ個包装してくれることがあります。

今回は買ってきてもらったクッキーの中で夏期限定の「ピーチティー」という種類のクッキーを取り上げたいと思います。

・ステラおばさんのクッキー ピーチティーの商品概要[1]

アントステラのHPで見れる「クッキーガイド」によると、ピーチティーはピーチ風味の生地でアールグレイ茶葉入りの生地を巻いた、爽やかな味わいのクッキーだそうです。
実は私はこのクッキーを何度か食べたことがあります。ピーチ風味と甘さ、紅茶のクセがバランスのいい味を形成していておいしいんです(^^)

・アールグレイとは[2][3]

このピーチティーというクッキーにはアールグレイ茶葉が入っています。
アールグレイって紅茶を使った製品の説明書きなどでよく見かけますが、どんなものかよくわからないので少し調べてみます。

まず知っておきたいのが紅茶の茶葉の製造方法による大まかな「タイプ」です。
まず「オリジンティー」というものについてです。インドやスリランカなど、一地域で製茶や加工が行われた茶葉のみで地域名で製品化された紅茶をオリジンティーというそうです。

次に「ブレンド」です。名前から容易に想像できると思われますが、異なる原茶を配合し、一定の品質と価格を保つように製品化することをブレンドと呼ぶそうです。
ブレンドには異なる産地のものを合わせる場合と、同じ産地でも異なる茶園や採取日の茶葉を合わせる場合などがあるそうです。

最後にフレーバーティーについてです。
茶葉に香料を吹き付けたり、ハーブやドライフルーツなどを茶葉に混ぜ込んだりして、香りをつけて製品化された紅茶をフレーバーティーと呼ぶそうです。

アールグレイはフレーバーティーの中の一つのようです。
アールグレイは、ベルガモットという柑橘類の香りをつけたフレーバーティーだそうです。

「アールグレイ」という名前についてですが、「アール」は「伯爵」という意味で、「グレイ」は19世紀の英国首相のチャールズ・グレイ伯爵が由来しているものだといわれています。「アールグレイ」という語は「グレイ伯爵」という意味なのだそうです。
チャールズグレイ伯爵はインドや中国、香港との繋がりを通してイギリスでのアールグレイの製造開発に関わったといわれています。
しかし、チャールズグレイ伯爵はインドにも中国にも赴任したことがなく、当時のインドや中国にベルガモット着香は存在しなかったそうです。
2013年のレポートではアールグレイとグレイ伯爵とは直接関係がなく、アールグレイと名がついた当時に流行していた「グレイ」という紅茶に爵位アールを付与した可能性があることを挙げられたそうです。

アールグレイなどフレーバーティーでは、品質の良くない茶葉に商品価値をつけるために香りを使い、フレーバーティーにすることが少なくないそうです。
アールグレイの原料には中国の「キーマン」という種類の茶葉が使われることが多いそうです。
個人的にフルーツ香料は香りが強すぎる茶葉に使用すると風味が喧嘩しそうな気がします…

・実食と感想(あくまで個人の感想です)

今回は10枚買ってきてもらい、ピーチティーを含め4枚並べました。


コーヒーといただきます…
ピーチの瑞々しい香りとアールグレイの大人な風味が合っています。

ピーチやアールグレイの香りがあり、甘さが強すぎない感じがします。
また、チョコレートチップより柔らかくサクサクしています。


爽やかな甘さ魅力的で、食べやすく、紅茶が苦手な人も食べられるかもと思います(^^)

出展
[1]https://www.auntstella.co.jp/cookie_guide_s/ 2019/6/22閲覧
[2]https://ja.m.wikipedia.org/wiki/紅茶 2019/6/22閲覧
[3]https://ja.m.wikipedia.org/wiki/アールグレイ 2019/6/22閲覧