洋菓子のヒロタ 季節のシュークリーム ハロウィンパンプキン

洋菓子のヒロタ 季節のシュークリーム ハロウィンパンプキン

おはようございます。nyainと申します。このブログは季節商品情報を中心に、食べ物の情報発信をしているブログです。この記事では洋菓子のヒロタ 季節のシュークリーム ハロウィンパンプキンについての情報、雑学やレビューを書いています。

スポンサーリンク

23日前に家族に買ってきてもらったお土産(^^)大きさやパッケージの形、内容量などの観点から見たことがないタイプのシュークリームです。ハロウィン仕様のパッケージが季節感があっていいですね。

 

・洋菓子のヒロタとは[1]

洋菓子のヒロタさんは1924年創業の洋菓子類、冷菓類の製造・販売・卸売業を主な事業とする会社。本社は東京都千代田区にあります。創業当時は一般人には縁遠かった洋菓子を多くの人々が食べられるようにお手軽な値段でと開発されたのが現在のロングラン商品であるオリジナルシュークリームだそうです。

洋菓子のヒロタさんでは創業者・廣田定一さんの修行時代の経験を洋菓子作りの基盤にし、それを「創業の精神」として従業員が受け継いでいるそうです。

また、洋菓子のヒロタさんはHACCP対応菓子製品高度化基準の認定を受けています。この高度化基準に適合する為、多くの管理項目を厳守し、商品生産を行っているのだそうです。具体的な方法の一つはクリーンルーム内の、商品に人の手ができるだけ触れない「完全自動化ライン」という設備での生産だそうです。

 

・洋菓子のヒロタのHACCP対応菓子製品高度化基準認定について[2][3]

まずHACCPとは、食品を製造する際に危害を起こす要因を分析しそれを最も効率よく管理できる部分を連続的に管理して「安全」に配慮した管理手法です。HACCP対応菓子製品高度化基準認定は菓子を製造する際にHACCP手法を導入し、管理を高度化して安全に配慮し、定められた高度化基準に適合していることを全国菓子工業組合連合会に証明すると頂ける称号のようなものです。

HACCP対応菓子製品高度化基準に適合する為に必要なことはコーデックスガイドライン(国際的な食品規格)に記された7原則12手順に沿ったHACCPを適用すること、施設整備に関する基準、高度化基盤整備の基準など様々な管理項目により定められています。

いろいろ書いてありますが会社がHACCP対応菓子製品高度化基準認定を受けるにはお菓子の安全に関する多くのことに気をつけながら管理をして商品を製造しないといけないのですね

私は今までHACCPの意味さえ知りませんでしたが、HACCP対応菓子製品高度化基準認定された会社はお菓子の製造にかなりの安全管理を意識している会社であり、HACCP手法導入認定マークがパッケージに付いている商品は安全性が高い商品である、という見方をしました。

 

・会社がHACCP対応菓子製品高度化基準認定されるまで[4]

ざっくりですがどのような仕組みで会社がHACCPを導入していると認定されるか調べました。

1会社が全国菓子工業組合連合会理事長に申請します。

2全国菓子工業組合連合会が設置する「認定審査会」が、申請した会社を審査します。

3申請した会社が審査に通ると認定書のようなものが発行されます。

4HACCPに対応した工場が出来たらその工場を全国菓子工業組合連合会関係者が現地確認した後にHACCP対応菓子製品高度化基準認定証を発行します

こうして会社がHACCP対応菓子製品高度化基準に認定されます。また、認定証を発行された後は当該製品がHACCPを導入した工場で制作されたものであることを証明する「HACCP手法導入認定マーク」を商品パッケージに使用できます。これにより安全な商品であることを強調できます。

 

・洋菓子ヒロタさんの創業の精神やオリジナルシュークリームの開発の経緯を読んで、またHACCP対応菓子製品高度化基準認定されているというところからの感想

長々と書きましたが、洋菓子のヒロタという会社は消費者のニーズや幸せを第一に考えている会社なのかなと思いました。価格や安全性、それは消費者が食べ物を選択する時に重要視する要素であると思います。また、HACCP手法導入認定マークのような高い安全性を強調するマークを消費者が知っておいた方が、企業の努力のようなものがわかるかもしれないと思いました。

 

・実食と感想(あくまで個人の感想です)

箱を開けると手のひらサイズの小さめシュークリームが4つ並んで入っています。北海道和寒町の雪化粧というかぼちゃのペーストをクリームに使用しているそうです。

断面を切ると見える、中のクリームは1種類で黄色です。垂れてきません。いただきます

口に入れると最初に感じるのは甘さではなく衝撃的な強いかぼちゃの風味。悪くいうとかぼちゃ臭い。よく言うと芳醇な香りで風味豊か。ピューレのような濃厚なクリームには甘さももちろんあるのですがかぼちゃ食べたとき感じるザラザラ感やえぐみのようなものもしっかり残してあります。かぼちゃの特徴を全面に引き出しているクリームです(o^^o)後味にまでかぼちゃ風味が残ります。

また、滑らかでもったりなクリームにシャクシャクしたシューがとても合います。ハロウィンパンプキン、おいしかったです。

 

出展

[1]http://hirota1924.shop6.makeshop.jp/smartphone/
2018/10/31閲覧

[2]https://ja.m.wikipedia.org/wiki/HACCP
2018/10/31
閲覧

[3]http://www.zenkaren.net/_1300/_1301 2018/10/31閲覧

[4]http://www.zenkaren.net/wp-content/uploads/2017/09/NO1-1.pdf
高度化計画申請手続きの流れ 2018/10/31閲覧