日清 カップヌードル 新元号記念パッケージ

日清 カップヌードル 新元号記念パッケージ
内容量 77g(めん65g)
カロリー 77gあたり 353kcal(めんとかやく 335kcal スープ 18kcal)
食塩相当量 77gあたり 4.9g(めんとかやく 2.4g スープ 2.5g)
アレルギー情報 卵・乳成分・小麦・えび・豚肉・鶏肉・大豆・ごま)
賞味期限 買った日から約6カ月後まで

おはようございます。nyainと申します。このブログは季節商品情報を中心に、食べ物の情報発信をしているブログです。この記事では日清 カップヌードル 新元号記念パッケージについての情報、雑学やレビューを書いています。

スポンサーリンク

今日は、家族が少し前に外出ついでに買ってきてくれた、令和っぽい限定パッケージの日清カップヌードルについて書きます。日清カップヌードルは久しぶりに食べます。

・カップヌードル 新元号記念パッケージについて[1]

このだるまっぽいパッケージの日清カップヌードルは、普段の日清カップヌードルは麺や具材、スープの内容や量などは普段の「日清カップヌードル」と変わりませんが、パッケージデザインを改元に伴う新時代の幕開けにぴったりのおめでたいデザインに変更されています。
写真に写っている通りですが、新元号の「令和」の文字が正面に配置され、日清カップヌードルに実際に入っている小さいエビと、日清カップヌードルのロゴが縁起のいい「だるま」の顔に見立てられています。

今回は日清カップヌードルを取り上げましたが、パッケージデザインが限定のものに変更されて発売された商品は「カップヌードル 新元号記念パッケージ」の他にもあり、「カップヌードル カレー 新元号記念パッケージ」、「カップヌードル シーフードヌードル 新元号記念パッケージ」がそれにあたります。これらの3つの商品が2019年5月1日に同日発売されたようです。

・だるまについて[2][3][4]

この令和カップヌードルのデザインに使われている「だるま」は「縁起のいいもの」として扱われることがありますが、それはなぜでしょう?
そもそもだるまとは何でしょう?
そんなことを少し調べてみたいと思います。

まず、「だるま」とは何かについてです。
この置物のモデルと言えそうな人物がいました。達磨(だるま)という名前だったそうです。
達磨はインドから中国に仏教を伝え、中国禅宗という宗教のようなものを開始した、インド人仏教僧であるといわれています。
達磨が開始したとされる中国禅宗では、座禅(坐禅)を基本的な修行形態としているそうです。
ところで、日本で縁起が良いとされている、だるまと呼ばれる赤い置物は「達磨というインド人仏教僧の坐禅姿」を模しているのだそうです。
この置物には手足がありませんが、それはだるまが壁に向かって座禅を続け、手足が腐ってしまったという伝説にちなみ、手足が無いのだそうです。

「達磨(だるま)」は中国禅宗を開始したとされているインド人仏教僧の名前であり、その姿を模した赤い置物の名前でもあるようです。
この記事の文中に書いてある内容において、仏教僧は「達磨」、置物のだるまは「だるま」と書きます。

次にだるまがなぜ縁起がいいといわれているかです。
室町時代、日本に倒しても起き上がる「不倒翁」といわれる人形が伝わりました。これがだるまの置物の源流だといわれています。
今日のような赤いだるまが作られたのは江戸時代のことです。
だるまの赤い色には魔除けの効果があり、病や災いを防ぐと考えられていました。
このように、赤いだるまには魔除け、無病息災、倒れても起き上がるという特徴からの不撓不屈(強い意志を持ち、どんな苦労や困難にもくじけない様)といった意味や願いのようなものが込められているのかなと思います。
だるまに込められた意味や願いのようなものから、だるまが「縁起のいいもの」と沢山の人々により認識されたのかなと思います。

・実食と感想(あくまで個人の感想です)

私にとってこれは「令和」最初のカップヌードルではないのですが、この機会におなじみの日清カップヌードルを食べてこの味を思い出してみたいと思います。
お湯を入れて3分待ちます…便利なフタ止めシール付きです。


できました!麺からいただきます…


塩気と風味がしっかり目に感じられる、おいしい麺です(^^)私はノンフライ麺のような固めの食感の方が好きですが、こちらはこちらで良さがあるように思います。柔らかいので軽い力で噛みくだくことができ、なんとなく濃く味がついてるように感じますし、すすりやすい気がします。


次にスープを飲みます…
日清のこのカップヌードルは最近あまり口にしてなかったのですが、スパイスが効いたしょうゆ味の、懐かしくおいしいスープという感じです。いくらでも飲めそうな魔力のある味です。香りとスパイスの辛味が特徴的です。
こんな味だったなー、やっぱりおいしいわー!という感じがします。
この味が麺や具材に染み込んでいる感じがします。
具材は旨味のある謎肉が好きなのですが、このふわふわ卵やえびも印象的です。


久しぶりの日清カップヌードルでしたが、個人的に変わらぬ味だなという印象でおいしかったです(o^^o)

出展
[1]https://www.nissin.com/jp/news/7734 2019/5/4閲覧
[2]https://ja.m.wikipedia.org/wiki/だるま 2019/5/4閲覧
[3]http://engimono.net/articles/bC9ol 2019/5/4閲覧
[4]https://dictionary.goo.ne.jp/word/不撓不屈/ 2019/5/4閲覧