ファミリーマート ファミマベーカリー バター風味豊かなちぎれるシュガーマーガリンのパン

ファミリーマート ファミマベーカリー バター風味豊かなちぎれるシュガーマーガリンのパン
価格 102円(税抜き)
内容量 1個
カロリー 1個あたり498kcal
食塩相当量 0.7g
アレルギー情報 乳・小麦・大豆・卵
賞味期限 買った日から約3日後まで

おはようございます。nyainと申します。このブログは季節商品情報を中心に、食べ物の情報発信をしているブログです。この記事ではファミリーマート ファミマベーカリー バター風味豊かなちぎれるシュガーマーガリンのパンについての情報、雑学やレビューを書いています。

スポンサーリンク

先日、家族がコンビニで菓子パンを買ってきてくれました。ファミリーマートの「バター風味豊かなちぎれるシュガーマーガリンのパン」という商品です。
いろいろ気になることがある商品なので調べてみたいと思います。

・ファミマベーカリー バター風味豊かなちぎれるシュガーマーガリンのパンの商品概要[1]

この商品は2019年1月22日に東北、関東、東海、北陸、関西、中国・四国、九州(一部店舗除く)で販売された菓子パンです。
「バター入りマーガリンとグラニュー糖をトッピングしました。」と書いてあります。
この商品の類似品が、上記の発売日以前から「ちぎれるシュガーマーガリンのパン」という名前で販売されていたようです。
ネット上で旧版と比較して相違点が載っている記事を公開してくれている方がいます。その記事によるとパン生地にバターが加わってパン生地が黄色くなっていたり、原材料にバターや生クリーム、麦芽エキス、ライ麦粉、麦芽粉などの材料が追加されていたり、カロリーが低くなったり、2円値上がりになったりしたみたいです。
長い名前から、パンの長所とも言えそうな特徴をわかりやすく伝えたいという、名前を考えた人の思いが伝わってきます。

・パンに使うバターの役割について[2][3]

前のシュガーマーガリンのパンにバターの要素を取り入れたのが今回の商品の特徴だと思います。
今回はそのバターの役割について調べたいと思います。

まずパンの生地に混ぜる場合です。バターはマーガリンやショートニングと同じ可塑性の油脂です。
可塑性の油脂はパン生地に混ぜると、パン生地の中のグルテンの中に入り込み、伸びのいい滑らかな生地になります。そうすると生地が扱いやすくなります。また、釜伸び(パン生地をオーブンで焼いている時にパンの中の酵母菌が活発になり炭酸ガスを発生させ、焼く前よりさらに膨らむこと)が良くなり、ボリューミーな見た目になります。さらに、老化も遅くなります。
また、バターは乳製品で特有の香りがあります。その特有の香りがあってか、やや重たい印象の味になるそうです。

次に塗るバターについてですが、この商品ではバター入りマーガリンとグラニュー糖が表面に塗られています。
パンにバターをぬるとパンを食べた時に口の中がパサパサせず、独特の風味が出ておいしいと感じます。
バター特有の風味があるだけで普通のマーガリンを塗ったパンを食べた時とは全く違う印象を抱くと思います。

パンの生地に混ぜる時もパンの表面に塗る時も他の油脂との役割の違いは「バター特有の風味や香りをパンにつけること」が大きい気がします。
今回の菓子パンも、前の「ちぎれるシュガーマーガリンのパン」に「バター風味豊かな」がついた名前なのでバターを使ったのは香りや風味をつけるという目的が大きい気がします。

・パンに混ぜる生クリーム、麦芽エキスの役割[4][5][6]

「バター風味」が豊かであるのを大きく宣伝していますが、以前のものに生クリーム、麦芽エキスが加わっていることにも注目したいと思います。

生クリームはバター同様、乳製品です。
パンに生クリームを混ぜると、パンの皮の部分が柔らかくなり、乳脂肪の風味が加わるようです。そして、滑らかでしっとりした口どけが実現できるようです。

麦芽エキスは大麦などの穀物に水分と湿度を与え、発芽させたものを乾燥させ、抽出したもので、粉末タイプとシロップタイプがあります。
砂糖が入っていない生地に麦芽エキスを入れると麦芽エキス中のアミラーゼという酵素がデンプンを糖に分解するのを助け、その糖はパン酵母の餌になり発酵を促進させ、ふっくらします。
また、デンプンが分解されると、ブドウ糖や麦芽糖などという糖が生成されます。麦芽糖はブドウ糖に比べ、酵母菌のえさになりにくいという特徴があり、麦芽糖が生地に残っている状態で焼くとパンの皮の部分の色艶が良くなる効果があるそうです。
さらに、麦芽に含まれるタンパク質分解酵素がパン生地中のタンパク質を分解して生地が柔らかくなり扱いやすくなる、という意見もあります。
原材料を見てみると最初の方に「糖類」とは記載されています。バター風味豊かなシュガーマーガリンのパンの生地に砂糖など糖類が入っていたとして、そこに麦芽エキスを入れたら全く意味がないわけではなく、上記の麦芽糖やタンパク質分解酵素の働き、さらに味や風味の違いがあるのかもしれません。

・実食と感想(あくまで個人の感想です)

ボリューミーな印象の菓子パンです。皿にあけてみます…


上面にたっぷり塗られたバター入りシュガーマーガリンが目を引きます。
中には餡やクリームなど何も入っていないようです。ちぎって食べます。いただきます…


生地ふわっふわ!バターの風味や香ばしい香りもあって高そうな食パンみたいです!
ふんわりした食感のパン生地に甘いバター入りシュガーマーガリンが最高に合います。バターが入っているので普段口にするマーガリンとは違うリッチな味わいが楽しめます。
ちぎると持ちやすく、食べやすいです!
この菓子パンは朝5時くらいに明るくなってきた空を眺めながら、コーヒーと一緒に食べると一息つけて幸せを感じられそうなパンだと思います。


思ったよりおいしくてびっくりしました(o^^o)

出展
[1]https://kanahebimodoki.com/sugar-margaline-1093 2019/3/12日閲覧
[2]https://www.cotta.jp/special/article/?p=4495 2019/3/12日閲覧
[3]http://www.panpedia.jp/knowledge/termtip.html 2019/3/12日閲覧
[4]https://kobito3nocafe.com/bread-material-rich#i-4 2019/3/12日閲覧
[5]https://pan-kiso.xyz/原材料/entry126.html 2019/3/12日閲覧
[6]https://www.google.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/aruch-life/entry-11584524750.html 2019/3/12日閲覧