10枚 税込540円
賞味期限 買った日から6日後まで

おはようございます。nyainと申します。このブログは季節商品情報を中心に、食べ物の情報発信をしているブログです。この記事ではアントステラ ステラおばさんのクッキー ライスクリスピー、ダブルチョコナッツ、チョコレートオートミールについての情報、雑学やレビューを書いています。

スポンサーリンク

 

先週土曜日に家族にステラおばさんのクッキーを買ってきてもらいました。その日はちょうど対面販売のお店で10枚税込540円のイベントが開催されている日で沢山手に入って嬉しいです。
ステラおばさんがプリントされた大きめの袋に


プリントされた茶色の紙袋が入っていて


その中に10枚のクッキーが入っています。
今回は香りの強いクッキーをオーダーし(塩キャラメル〈2枚〉、紅茶、ヨーグルト)、それらは個包装にして入れてくれました。


その他のクッキーは一緒に透明な小袋に入っていました。


今回は6枚食べますが、前に掲載したチョコレートチップ、バタースカッチは省き、ライスクリスピー、ダブルチョコナッツ、チョコレートオートミールを中心に書いています。

・シリアルとは[1]

ライスクリスピーはお米のシリアルを入れて焼き上げたクッキーだそうですが、シリアルって何でしょう?
シリアルはコーンフロスティやフルーツグラノーラのことだという認識ではありますが、定義して説明しろと言われても個人的に難しいです。
ウィキペディアによると、シリアルにはトウモロコシや麦など穀物の総称、あるいは「シリアル食品」という意味があるそうです。
ライスクリスピーの説明では「シリアル食品」という意味でシリアルという言葉が使われているんだと思います。
シリアル食品とは穀物をフレークやパフ状などに加熱加工して、調理しやすく長期保存可能なものにしたものをいうそうです。
シリアル食品はそのまま食べられるものと、加熱が必要なものに大別されるそうです。
駄菓子で売られているポン菓子もシリアル食品でしょうか?ウィキペディアには、ポン菓子はシリアル食品に近似していると書かれています。

ということはライスクリスピーに入っているお米のシリアルはポン菓子のようなものでしょうか…?
ポン菓子はそのまま食べられます。
ですが、ポン菓子のようなものの他に加熱しないと食べられない米のシリアル食品もあるかもしれませんし、ライスクリスピーではそちらを独自に開発し、使っている可能性もあります。

・オートミールとは[2]

ザクザクしていそうなチョコレートオートミールに入っているオートミールとは何でしょうか?
オートミールはエンバクという穀物を脱穀し調理しやすく加工したものです。さらに、オートミールもシリアル食品の一つだという風に言われています。
オートミールにはビタミンやミネラルなどの栄養成分や食物繊維が比較的多く含まれ、血中コレステロールや血糖値の上昇を抑えるなどさまざまな健康効果が期待できるそうです。

・堅いクッキーと柔らかいクッキー

ステラおばさんのクッキーにはバタースカッチのようにほろほろしている柔らかいクッキーや人気ナンバーワンのチョコチップのように堅いクッキーなどさまざまな食感のクッキーがあります。
このクッキーの種類別の食感の違いは意図したものだと思います。
どうやってクッキーの食感に違いを出しているのでしょうか?

ネットの知恵袋の情報ですが、砂糖やバター(油脂類)、小麦粉などの材料の割合が関わるという意見が一つあります。
ざっくりと説明するとバターを多めにくわえると柔らかめ、砂糖よりバターを少なくすると堅めという感じです。
次にオーブンの温度や加熱時間が関わるという意見があります。
ざっくり説明すると高温で長く加熱すると堅め、短めに加熱して余熱で火の通りを調節すると柔らかめという感じです。
その他にも砂糖とバターをすり混ぜる時、卵を加えて混ぜる時に空気をふくませると柔らかくなるという意見、小麦粉を長くこねるとグルテンという成分の作用で堅くなるという意見、焼く前にいろいろ混ぜる時にバターが柔らかくなかったり卵が冷たかったりすると硬くなるという意見などさまざまあります。
クッキー生地にもいろいろな材料割合や作り方があるのですね。
つまりこれらのことを駆使すればクッキーの堅さは調節できるのだと思います。
ステラおばさんのクッキーでは種類ごとに材料の割合や加熱時間などを工夫し、わざとクッキー生地の堅さや食感に違いを持たせているのだと思います。

・実食と感想(あくまで個人の感想です)

セブンイレブンの牛乳パンと一緒に食べます。おいしそうですね!


(6枚写っていますが、ライスクリスピー、ダブルチョコナッツ、チョコレートオートミールの3枚についての感想です。)

まずライスクリスピーからいただきます。

ライスクリスピー
思ったよりガリッとした、堅い食感のクッキーです。お米の香ばしさや風味を感じるシリアルは柔らかめのナッツのようで、おいしさを足してくれています。
素朴な甘さも注目ポイントです(^^)

次にダブルチョコナッツをいただきます。

ダブルチョコナッツ
チョコクッキー生地にチョコチップとアーモンドダイスが入っています。
ステラおばさんのクッキーの中では柔らかめのクッキーです。
チョコクッキー生地にこってりチョコチップとアーモンドダイスが合っていてまろやかで食べやすいです。
チョコチップの甘さやアーモンドダイスの風味がアクセントになっていておいしいです(o^^o)
チョコとアーモンドの組み合わせがとても好きです。

最後にチョコレートオートミールをいただきます。

チョコレートオートミール
見た目から想像通りのザクザク食感があり、期待を裏切らない食べ応えがあります。
チョコの苦味や渋みを含んだ甘さにオートミールの香ばしさと甘味が合っています。
チョコのこってり感もありクランチチョコに似ています。

今回思ったことですが、ステラおばさんのクッキーは同じ種類でも形、大きさが若干異なります。これは見た目でわかります。
それに加えて食感も変わるのかなと思います。
というのも今回のチョコチップは二つ食べましたが、一つは若干柔らかい感じがしました。
また、バタースカッチは前に食べた時より若干ほろほろしていて柔らかい気がしました。
私の錯覚かもしれませんが、そんな風に思いました。
そしてそんなところにもホームメイド感を感じられます。

今回の3枚の中ではほろほろ食感とチョコとアーモンドのハーモニーが印象的なダブルチョコナッツが個人的に一番のお気に入りです(o^^o)
おいしかったです。また食べたい!

出展
[1]https://ja.m.wikipedia.org/wiki/シリアル食品
[2]https://ja.m.wikipedia.org/wiki/オートミール

次の投稿

ステラおばさん生誕110周年記念特別レシピ 1月 クッキープリン

土 1月 26 , 2019
ステラおばさん生誕110周年記念特別レシピ 1月 […]