株式会社モンテール パンプキンのシュークリーム

価格税抜き 98

内容量1

204kcal

おはようございます。nyainと申します。このブログは季節商品情報を中心に、食べ物の情報発信をしているブログです。この記事では株式会社モンテール パンプキンのシュークリームについての情報、雑学やレビューを書いています。

夜のスーパーでいつもの買い出しの時に甘いものが食べたくてついつい買ってしまったハロウィン仕様パッケージの期間限定スイーツ。今日はシュークリームです(^^)求めやすい価格で嬉しいです。

 

・モンテール パンプキンのシュークリームについて[1]

「北海道かぼちゃ使用」「北海道かぼちゃで仕立てた風味豊かなペーストとクリームの二層仕立て」との記載があり、このシュークリームの製造時に北海道かぼちゃを使用していることを大きくアピールしています。かぼちゃペーストはモンテールさん自家炊きのかぼちゃ餡とカスタードをブレンドして作られています。

また、モンテールさんの商品には基本の素材、「牛乳」の質に着目した自家製の低温殺菌牛乳というのを使用しています。かぼちゃ餡は北海道えびすかぼちゃとこの自家製低温殺菌牛乳をブレンドして作ります。

 

・今が旬、シュークリームに使われているえびすかぼちゃについて[2]

日本のほとんどのかぼちゃがこれ、と言われているほどのシェアを占めているかぼちゃ。西洋かぼちゃの一種。濃い黄色の果肉、ややねっとりしていてホクホクした食感が特徴です。

追熟すると甘みが増すため、夏の収穫後から秋、冬が旬だと言われています。北海道のかぼちゃの中でもこのえびすかぼちゃが一番多く作られています。

 

・モンテールさんの低温殺菌牛乳について[1]

モンテールさんでは牧場の生乳をそのまま仕入れて加工は自社工場で行います。この加工がないと生乳は牛乳になりません。

低温殺菌牛乳とは生乳を加熱殺菌する際に低い温度で長時間加熱するという方法で作られた牛乳のことです。

一般的な超高温殺菌方法では短時間でたくさん牛乳を作れますが、生乳本来の風味が失われます。低温殺菌方法では風味を残しながら殺菌することができます。

モンテールさんの工場では仕入れた搾りたての生乳をパイプラインでミルクプラントという入れ物に送り、65℃30分低温殺菌して均一化し、低温殺菌牛乳にします。低温殺菌牛乳は仕入れた生乳の時からずっとパイプで密閉されて工場内を移動するので外気にさらされることがなく新鮮さや衛生面での安全を保っています。

モンテールさんの商品にはおいしさと新鮮さを追求したこだわりの自家製低温殺菌牛乳を使用しています。

 

・モンテールさんのお菓子作りでの理念[1]

モンテールさんの商品には先程記載した牛乳以外の材料にも気を使っています。

例えば鶏卵は工場近隣のものを使用したり、作る商品によって使う小麦粉を分けたりしています。またホイップクリームや洋酒は限られた予算で理想のスイーツを作るためにメーカーと共同開発しています。

更にロールケーキやクレープは理想の食感を追求し手巻きをしているそうです。

早く作ることより素材本来の味やおいしい食感を出すことを優先し、生産性より味わい深く風味豊かな商品を作ることを選択する。これがモンテールさんのおいしさ、そして理念であるそうです。

 

・実食と感想(あくまで個人の感想です)

断面を切ると上に濃い黄色のかぼちゃペースト、下にホイップクリームのような質のかぼちゃクリームが見えます。トロっと垂れてきません。いただきます

 

ふわふわでしっとりした比較的軽めのシュー皮にかぼちゃ風味を感じる中のペーストとクリームがベストマッチです(o^^o)甘みやかぼちゃ感が強く少し歯応えのあるかぼちゃペーストにミルキーなかぼちゃホイップが合わさってかぼちゃミルクのまろやかな味になります。クリームがトロっと垂れてこなくて食べやすいです。今が旬のえびすかぼちゃの味をしっかり楽しめるスイーツです🎃

コーヒーが美味しくなります紅茶にも合いそうです。

おいしかったです(o^^o)

 

出展

[1]https://www.monteur.co.jp/onlyone/tasty/recipe.html
2018/10/19
閲覧

[2]http://hokkaido-yasai.jp/wppost/plg_WpPost_post.php?postid=1269
2018/10/19
閲覧

 

次の投稿

Japanese Soba Noodles 蔦 味噌soba 味噌の陣

土 10月 20 , 2018
セブン&アイ Japanese Soba […]